So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の30件 | -

The Buck Stops Somewhere Else  気がつけば世界最劣等国、最劣等メディア [Tragedy]

NYT op-edに掲載された読者投稿。政治屋どもが責任を取らぬのは日米共通。都合の悪いことは外国(とりわけ隣国)、前政権(民主党政権)、メディアのせいにするのは現在のオバカ首相の常套手段。日本国民を犠牲にして宗主国=米国に尽くし続ける自民政権。しかも、このことを知っていて一言も論評しない日本メディア(if any)。メディアのない北朝鮮なみ。泣けるわい。


letter

A reader says President Trump takes credit only for good things, not bad ones.

Aug. 12, 2018

 

To the Editor:

I guarantee that when the inevitable economic downturn comes, President Trump will refuse to own it. He takes credit only for good things, even if he has nothing to do with them. He would claim credit for the sun rising each morning if he could.

Mr. Trump will undoubtedly blame someone else: the Federal Reserve, the Chinese, the North Koreans, the European Union, the Democrats, Hillary Clinton, Barack Obama, Nancy Pelosi, Chuck Schumer. On second thought, maybe even the Russians. But not Donald Trump.

He must have a plaque on his desk: “The buck stops somewhere else. Anywhere else but here.”

Daniel Fink
Beverly Hills, Calif.

 

 

米国メディアは、メディア批判を繰り返すトランプに対して反攻を呼びかけた。どうする日本のメディア(爆)。おそらく、沈黙だろう。http://www.foxnews.com/us/2018/08/11/boston-paper-presses-coordinated-response-to-trumps-media-criticisms.html

Boston paper presses coordinated response to Trump's media criticisms

A Boston newspaper is calling for publications nationwide to take a coordinated editorial stand against President Trump's attacks on the media.

"We are not the enemy of the people," The Associated Press quoted Marjorie Pritchard, deputy managing editor for the editorial page of The Boston Globe, as saying. AP said she was referring to a characterization of journalists that Trump has used in the past.

The president, who regularly declares that his administration is getting unfair media coverage, has made frequent speeches and tweets decrying "fake news" and fabricated sources. After his recent summit in Singapore with North Korean dictator Kim Jong Un, he assailed fake news as "our country's biggest enemy." 

1534038758137.jpg

 

The Boston Globe’s editorial page is proposing a coordinated editorial response from publications across the United States to President Trump’s frequent attacks on the news media.

‘‘We are not the enemy of the people,’’ said Marjorie Pritchard, a deputy managing editor of the Globe, referring to a characterization of journalists that Trump has used in the past. The president, who contends he has largely been covered unfairly by the press, also employs the term ‘‘fake news’’ often when describing the media.

The Globe has reached out to editorial boards nationwide to write and publish editorials on Aug. 16 denouncing what the newspaper called a ‘‘dirty war against the free press.’’

 

 

 


nice!(0) 

いったいどこに民主主義があるんですか? - 翁長知事夫人のメッセージ!  [魂]


「必ず私たちはおじいおばあがやったように必ずこらえて押し返す !」


8775.jpg


沖縄県知事の家内の樹子でございます。

翁長がグアムの方に出張に行っておりますので代理という事で参りました。

なにぶん素人で、マイク前にすると上がってしまって、
うまくできるか本当に自信ないんですけど頑張って務めさせてもらいますので
よろしくお願いいたします。

結婚して36年目でしょうか、政治家の女房として33年目になりましたけど、いやぁ、しかし、志位委員長と同じ壇上でご挨拶する日が来るなんて本当に夢にも思いませんで、本当に光栄に存じております。どうかよろしくお願いいたします。
(会場拍手)

3年前の知事選挙、翁長が現職の方を相手に、本当に有難いことに10万票の差を持って挑戦をさせていただきました。正直、圧倒的だったと思っております、あの差で。ホッとしたんです、これでもう辺野古の問題は決着がつくんだと、名護市長がNOと言ってる、県知事もNOと言った人間が当選した。

何ですかこの3年間、
冗談じゃないですよね、皆さん。

政府は、しょっちゅう言う、
「何の問題もない」と。

どこにいったい民主主義があるんですか?

どこにあるの?

私たちの自治権は?

人権どこにあるんですか?

それが何ともない事なの?


冗談じゃないと3年間、怒り続けて参りました。
(会場拍手)

正直苦しいです。

夫がいつも苦しい顔をしているのを見るのは辛い、女房は。


本当ですよ、あんなに明るくて、いつもいろんなことがあっても家に帰ってくるときには玄関先でそう言った苦しいのをおいて、ただいまって笑って帰ってくる人が、この3年間、笑わないんですよね。

ちょっと時間があったらすぐ部屋にこもっていろんな法律の本ひも解いたり、しょっちゅう勉強して歩くの。言ったセリフが「こんだけ学生の頃勉強していたら俺は東大だった」って(会場笑)

いやー本当に必死に勉強しているんです、それなのに政府は言うことをコレッポチも耳を傾けてくれない、こんな苦しいこと、悔しいことはないです。



でも負けるわけにはいかないですよね、皆さん。

70年前の戦争で、私たちおじいおばあたちはもう命からがら、必死の思いで何とか生き延びて、私たちに命を継いでくれたんです。



両親と私たちの時代は米軍統治を経て、人権もなくて、憲法にも守られずに苦しい時代を過ごしました。


私たちは今もフェンスの中にいる・・・

その時代を何とかくぐり抜けて、やっと復帰して、やっとこれで憲法に守ってもらえると思ったら、政府はあの方達です。聞いてもくれない。

沖縄県民には人権がないと言わんばかりの方達が、あらん限りの権力を持って押さえつけようとしてる。

じゃぁ負けて諦めるのか、
どうですか皆さん、諦められますか?

(会場「諦めない!」)

そうです。

諦められないし、必ず私たちはおじいおばあがやったように必ずこらえて押し返して、
先の子供達にはもっといい沖縄を残したい。




(会場拍手「ナトンドー!(そうだ!)」)

頑張るしかないです私たちは。

心折れないで下さいよ、
大丈夫ですか?


頑張りましょうね!(拍手)

1つ、これは選挙です。

相手候補の方と稲嶺さん比べたら、Wスコアで勝っても本当におかしくないです。

当たり前、それが。

しかし相手候補には申し訳ないけど、稲嶺さんの相手は実は相手候補ではないです。国が政府があらん限りの力でもって抑えにかかってくるんです皆さん。

簡単じゃないです、これに打ち勝つのは。

私たちの心の中にちょっとでも「まあ何とか勝つでしょう」なんて気持ちがあったら結果は厳しいです。

心に刻んで、
みんなで必ずこの選挙を勝って、

私たちのこの闘いを必ず成就して、
私たちのこの気持ちを必ず日本政府に認めさせる、
沖縄の現状を国民に知ってもらう、
それしか私たちには道がありません。


頑張りましょうね。

必ず勝利を。

頑張りましょう、

最後まで。

どうかよろしくお願いします。





**


「ぼくは裏切る前に自分が死にますよ」沖縄県知事選に当選した当日、翁長雄志さんに荻上チキがインタビュー▼2014年11月16日収録(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」)https://www.tbsradio.jp/281680

onaga_ss954_20141116.jpg


Exif_JPEG_PICTURE

インタビュー文字起こし(前半のみ)

荻上:まずは、当選おめでとうございます。今回の勝因、そして、勝ったとき、どんな県民の声を自分は受け止めることができたんだとお感じになりましたか?

翁長:そうですね。まあとにかく、0.6%という日本の面積、戦後、一貫して60年間、74パーセントのね、米軍専用施設をね、ずーと置いてきて、なおかつ海を埋め立てて、新しい基地を作るというわけですから、沖縄県民からするとね、こんな理不尽なことはないと思いますね。なおかつ、戦中、戦争中のこともありますし、人が亡くなったりね、そして戦後27年間、切り離されて、米軍の政権下に入って、あの時は高等弁務官が握っていて、知事なんていないですよ、あなた、若いから中々分かりにくいだろうけど、県会議員とも言いませんでしたね、立法委員と言っていたんですね。そういった中で、日本国憲法の適用もなくて、27年間過ぎてきて、さあ、復帰して、アメリカから解放されたと思ったら、基地という意味ではまったく解放されないですね。ずーっと置かれてきた。

そういうなかで、ぼくが訴えてきた日本の安全保障はね、日本国民全体で考えてくださいよと。役割分担してくださいよと、県民の切実な願いなんですよ。ところが、去年の東京要請行動でね、ぼくらは普天間の県外、国外、県内移設はやめてくれ。そして、オスプレイの整備は撤回してくれと。全県警に全市町村、全市町村議長がいって、一顧だにされないわけだから、46都道府県と沖縄は違うんじゃないのと。ほかの都道府県でね、これだけの政治家が動いていてね、何かでいやだといったらね、とてもとてもできる話じゃないのにね、沖縄だけそういう風にやられるのは県民は長い歴史の流れの中で、何も変わっていないなと感じて、今回のおそらく県民が、ぼくの市長、オール沖縄、そして、保革を乗り越えて、イデオロギーよりアイディンティティ。イデオロギーというのは「日米安保体制が賛成、反対」とかね、冷戦時代の「自由主義社会か共産主義社会か」というのがイデオロギーなの。

アイデンティティというのはね、ぼくら沖縄の政治家はね、沖縄の県民が安心安全で、将来の子供たちが安心安全で、そして、琉球王朝という独立だったときもあるわけですから、それの名残が首里城とか、今帰仁城跡、組踊、空手とかあるわけでね、そういった自分の文化、自分の故郷に誇りを持てるかどうか、自信と勇気が持てるようなもの、そういうものを残そうというのが沖縄の政治家なんですよ。だから、おまえ保守だろ、日米安保体制賛成だろうって、賛成は賛成でもいくらなんでも、0.6%に74%を置いておいてね、自分たちは何にも負担しない、そういう保守とは違います。日米安保だけがすべてだというのとは違う。沖縄は沖縄の、地方を守る私、保守のね、沖縄の保守だったと、という話をして違いますよ、と強調しているんですけどね。(以下略)


**




日本は未だ米軍施政下にある。本土住民はそれを受け入れている。拒否しているのは沖縄県のみ。本土に民主主義はない、本土住民も求めていない。民主主義の魂は本土にはないのだ。沖縄に民主主義は与えられていないが、県民は求めている。魂があるのだ。ひとならなろう、独立国に。

nice!(1) 

亡国のイージスアショア [Tragedy]

跳ね上がるイージス・アショアの配備費用 6000億円を超える恐れも


長周新聞 8月2日

7e00c3390afea87143ad317540855564-600x584.jpg

米軍のいいなりになって、米国防御のための前線基地作りに日本国民の血税を捧げ、中ソミサイルのターゲットとなることに躍起となるオバカ防衛省。国民の教育・生活水準向上や対・自然災害防御能力の向上こそが、国防である、ことなど考えもしない。

nice!(0) 

五輪相が特別休暇の導入を要請へ!「社会人の参加を促す」 [diary]

東京五輪で社会人ボランティア、五輪相が特別休暇の導入を要請へ!「社会人の参加を促す」


2日に行われた経済団体との意見交換会で鈴木五輪相は「社会人がボランティアに参加しやすくするためにボランティア休暇について考えてもらいたい」と述べ、社会人ボランティアの活動を促すべきだと主張。
そのためには東京オリンピックの時期に合わせて、ボランティア活動を優遇するような特別休暇を導入するべきだと言及していました。

この意見交換会には経団連や日本商工会議所、東京商工会議所、経済同友会などの幹部が参加しており、導入を前向きに検討する方向で一致したと報じられています。

                             +++

もちろん、この特別休暇とは、期間中の労働に起因する死亡・傷害にたいし、勤務する会社が保険を付保する有給休暇だよね? 経団連も多少は身銭を切る気になったようでア~ル。 健康と公序良俗のため、五輪ボランティア参加は忌避しましょう。

DjrSCz8V4AAX_tO.jpg

s_ice_screenshot_20180803-185904.jpg

 Djl7d71UUAAwKpy.jpg

ノーギャラ。。。ですが、生命保険付き有給休暇だす@ケーダンレン。<- ほんまかや?

Djl7fd4UcAAEox9.jpg

Djl7g-jU8AAtE5k.jpg

だからぁ、有給だってば@ケーダンレン <- ほんま?

 

久米宏だってタマにはマトモなことを言うぞ。

 https://news.nifty.com/article/entame/12218/12218-8258/ 久米宏が改めて激烈な五輪批判! タブーの電通やゼネコン利権にも踏み込み「五輪に反対できないこの国は変」

 

東京五輪ブラックボランティア 本間龍 https://www.youtube.com/watch?v=QueIaTapbho


nice!(0) 

五輪組織委員会のフールシェア [おちょくり]

組織委員会「東京五輪の猛暑、コース沿いのお店のクーラーを全開にして店舗開放すれば良いのでは」


東京オリンピックの暑さ対策を議論している組織委員会ですが、コース沿いの店舗やビルで冷房の効いた店舗を開放する案が有力視されていることが分かりました。

NHKの報道記事によると、大会の組織委員会はマラソン競技での暑さ対策について、コース沿いの店舗やビルで冷房の効いた1階部分などを開放してもらう「クールシェア」の取り組みを活用する方向で検討しているとのことです。
環境省もこの案(クールシェア)を本気で考えているようで、環境省は組織委員会と調査結果を共有し、効果的な対策を実施するとしています。

一方、防衛省によれば、米軍が横田基地からオッスプレーを早朝よりマラソンコース上空に派遣し、マラソンスタート地点からゴールまで、全選手とともに移動しながら、冷却材入りの水を選手と観客に散布する、という大作戦を提案しています。選手はオッスプレー追跡から逃れようと全力疾走、いい記録が期待できそうです。

マラソン開催当日、クールシェアに協力する店舗に対して、早朝からの電力料金は無料とする、と、東京電力が発表。 やるときはやるもんだのぅ、TEPCO。

she-_fixw_640_hq.jpg

 


nice!(0) 

反戦教会 [おちょくり]

ローマ法王が戦争反対を表明!戦争を一切認めず! カトリック教会


8月2日にローマ法王フランシスコがあらゆる戦争に反対すると表明しました。

ローマ法王は「カトリック教会として今後は戦争を一切認めない立場になる」と発表し、今まで認めていた例外的な戦争も含めて戦争はするべきではないと言及。
戦争そのものに問題があると疑問を投げかけ、「戦争は人間の尊厳への攻撃だ」などと強く断言しました。

これで世界的に戦争廃止の流れが今まで以上に強まることになりそうです。

s_ice_screenshot_20180803-204924.jpg

ほんとかな?

教会も覚醒したか?


nice!(0) 

暑い日本のお寒い政治屋/メディア [Tragedy]

日本会議という新興宗教に毒された議員からの、暑さを吹き飛ばすようなお寒いobakaツィート。



DjVoAevU8AE6Ewn  ss.jpg




暑さを吹き飛ばすような、全国知事会からの真っ当な全会一致の決議採択。

日刊スポーツ紙の記事。


動くか、日米地位協定/政界地獄耳

 ★先月27日、札幌市で開催された全国知事会の全国知事会議で、沖縄県知事・翁長雄志の要望を受け、また知事会が約2年前に設置した「全国知事会米軍基地負担に関する研究会」の結果に基づき日米地位協定の抜本改定を含む「米軍基地負担に関する提言」を全会一致で採択した。全国知事会が日米地位協定の改定を提言するのは初めてだ。

 ★米軍基地を持たない知事も賛成したことは大きく、沖縄県の問題だけでなく、全国で受け止める覚悟を知事会が採択したことは政府よりずっと頼もしい。過去、国会では散発的に質問が行われるものの、歴代の首相、外相、防衛相が積極的対応をしたことなどない。また刑事事件、事故の対応、低空飛行や夜間訓練、騒音、環境問題、基地移転・縮小など国内法に準ずる日米地位協定の改定議論はさまざまなチャンネルで求められてきたものの、大きな議題としてテーブルに上ったことはない。最近では米トランプ大統領をはじめ米国要人は横田基地から都内に入ることが増え、ますます国内法に関係せずに入国することも増えている。

 ★ただ、動きも出始めている。今年2月、公明党は沖縄県での米兵による事件や、相次ぐ米軍機トラブルを踏まえ、地位協定の運用改善ができるかどうかなどを検証する地位協定検討のチームを発足させ、党として取り組んでいくことを決めた。また、自民党元防衛相・石破茂も、今年4月、米カリフォルニア州スタンフォードで開かれた「第2回アジア太平洋地政経済学フォーラム」の基調講演で「日米で互いが負うべき義務の内容が全く異なる」と指摘。「義務が近くなるよう、日本も米国を防衛する立場を持つべきだ。日米安保を片務的なものから双務的なものに変えよう」と提言した。これは当然地位協定の見直しも含むというものだ。動くか、日米地位協定。



むろん、この記事を掲載しているのは地方紙のみ(沖縄タイムス、琉球新報)(&東京新聞の斎藤美奈子コラム)。全国紙も載せないし、エンチッケも放送しない。


宗主国に忖度する政府とメディア。これを報じないメディアよ。官僚の忖度を、たれが笑えるか?

nice!(0) 

自衛隊は何をしているか [Tragedy]

我が故郷、広島では何が起こっているか。

商店の全食品は棚から消えている。ガソリンも一般車には販売してくれない(消防/救急、行政など特別車両のみへの給油)。補給ルートはすべて不通になっている。国道二号線など、川の氾濫でえぐり取られ、消えている。

鉄道線路や高速道路は土砂瓦礫で埋まっている。したがって、生産者から店舗への補給ラインがない。


田舎の弟へ311へのお返しとして食品を詰めて送ろうとしても、黒猫などの宅配会社が広島全県への配達を見合わせている。陸路は全く使えないのだ。母がいる老人ホームへ電話すると、従業員も帰宅できない、出勤もできない、むろん、食糧の補給も出来ない。食品、ライフラインの確保に職員が走り回っている状況という。


空路+海路によって補給するしかないのである。自衛隊の保有する、全国基地の空海輸送設備(ヘリコプター、輸送機、給水車を自衛隊の有する船舶=掃海艇、輸送艇など)を使って西日本への補給ラインを設定し、まず、病院、老人ホーム、緊急避難施設施設、などへ物資や医者の輸送を行ってもらいたい。自衛隊の資源をこういうときに使わないでいつ使うのか! いまは平時ではない。戦時なのだ。これは自然との戦争なのだ。自衛隊の戦時能力が問われているのである。


全国の行政はネットワークを組んで西日本各地への救助ラインを設定してくれ。まず水である。このままでは陸の孤島となる。


まずは、高速道路と鉄道の復旧に全国の自衛隊資源を投入すべきである。そうすれば、生活物資輸送も可能になる。高速道路の利用は、運送会社と行政、消防警察などの車両に制限すべきである。


6a9ed2cb8d293810c0f26554d29769e4-600x375.jpg

呉市内のスーパー、食品売り場、8日

自衛隊基地のある町で市民が飢えるということはあるまい。


Collage_Fotor4-600x347.jpg

国道二号線崩落、海田町

efc7337b21152232b7db61d0e3a0acbb_1531167322_2.jpg

国道二号線陥没、瀬の川町


Dhe84a9VMAArT_U.jpg

高速山陽道、高屋あたり。福山~広島の間でこのような土砂、流木に埋まる箇所多し。

まずは大動脈である山陽道、中国縦貫道が復旧しないと罹災地域への補給ラインが確立しない。

自衛隊の実力が測れる。


DhdtrbdUcAArPa2.jpg

倉敷市真備町

nice!(0) 

トランプ氏、非核化費用「韓国と日本が払う」  [Tragedy]

トランプ氏、北朝鮮非核化費用「韓国と日本が払う」

2018061299135639.jpg

日本側財源は、対米思いやり予算の廃止、米軍在日基地返還及び自衛隊軍備縮小により浮く経費を充てる。


ポチとハサミは使いよう。

DbRuJWyV4AASLMQ.jpg

キミがイーネと言ったから612はサラバシンゾー記念日  




ラチ問題よりポチ問題

5427.jpg



政府のトップにいるのはゴロツキどもである、ということを知らせてくれる。悲喜劇だのぅ。



今日12日の米朝首脳会談について、欧米メディアの大半が「トランプ大統領は日本の拉致問題を始め北の人権問題には一切言及しなかった」と報じたのに対して、日本の読売と産経は「トランプ大統領が拉致問題を提起し、安倍首相が謝意を表わした」と報じた。一体どちらが真実なのか? < kikko_blogから。

 たずねるもアホらし。

nice!(0) 

梅雨入り [diary]

雨あがる日を待つわれの心臓の波動よ届け君が胸まで

4E69C88E88AB1E38390E383A920514.jpg


nice!(1) 

崩壊記念日。。。。「美しい国」ではなく「恥ずかしい国」の [Tragedy]

 

4447.jpg


キミが獣医大学イイネ、と言ったから、15年2月25日は安倍崩壊記念日

キミが潰さにゃ意味ないと言ったから、18年5月Y日は日大アメフト崩壊記念日


官僚はあっちで文書偽造、こっちでデータねつ造、背任首相は公務員を自殺に追い込み、国賊経団連は死民党に過労死法案提出させ、日本にセクハラ罪はナイ!と破廉恥内閣閣議決定。人類史上サイテー内閣を倒せぬ無能野党とマスゴミ。財政破綻は目前、貧すれば鈍、ニッポンホーカイ。

2834.jpg

お前猿?露出しすぎだぞ。日本の恥。禁治産者は座敷牢にぶち込んでおけ。

Dc6KbbLWAAEb4N-.jpg

nice!(0) 

忖度タックル   支配社会の悲喜劇 [Tragedy]

長周新聞コラム<狙撃兵>から引用

>。。ひどいタックルをかまして物議を醸している日大アメフト部の学生は、その後「監督の指示だった…」と周囲に漏らしているのだという。一方で、試合前にこの選手に対して「相手QBを壊してこい」「やるなら(試合に)出してやる」と反則行為を促すような発言をしたとされる監督は、「反則行為を意図的に指示したことはない」と主張し、大学側は「指導と選手の受け止め方の乖離が問題の本質」なのだとコメントを出した。立場の弱い学生が真相を表だって口にすることもできぬまま処分され、指示を出したとされる側は知らぬ存ぜぬをやっている光景が、何だか国会とそっくりのように思えてならない。https://www.chosyu-journal.jp/column/8048


*

指導と選手の受け止め方の乖離が問題の本質。。。これは本質ではなく問題の現象面である。指導(指示)に背けば、出場できない、干されたまま。生殺与奪の権利(人事権)をもつ監督(日大で総長に次ぐナンバーツーの地位にある)、官邸(検察を含めた官僚の人事権をもつ)の支配。これが問題の本質。伊藤詩織さん強姦事件も、問題の本質は同じである。権力の支配を容認する国民と報道が、くに、の価値(国際評価)を果てもなく減価させている。



〔資料〕

「愛媛県との面会確認困難と政府答弁書」

  共同通信(2018/5/18 11:10)

☆ 記事URL:https://this.kiji.is/370030865910285409

 政府は18日の閣議で、柳瀬唯夫元首相秘書官が学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡り、2015年に愛媛県関係者と官邸で面会していたか確認することは困難だとする答弁書を決定した。



nice!(0) 

愛僕者を地獄に [Tragedy]

浜矩子 日刊ゲンダイ> 安倍首相は「愛国者」ではなく「愛僕者」。国ではなく自分を愛している。だから彼が「国難」と言う時は「僕難」と思った方がいい。愛僕者に付ける薬はありません。我々は一致して、愛僕者を葬り去る べく、力を合わせるしかないと思っています。

3315.jpg


膿大臣、膿議員、膿党 を摘出、焼却・廃棄せよ。


3316.jpg








nice!(0) 

みんなでやれば怖くない 鹿児島相互信金と日米政府、昭和天皇 [Tragedy]



鹿児島の信金、17年間で不正1600件 計5億円超

鹿児島市の鹿児島相互信用金庫(稲葉直寿理事長)は20日、2001年3月~昨年12月に顧客の預かり金を着服するなどの不正行為が計約1600件あったと発表した。職員計23人が関わり、不正に扱われた額は計約5億4千万円にのぼる。解雇を含め計144人を懲戒処分にしたという。

九州財務局は4月20日、法令順守態勢などに重大な問題があるとして、同信金に業務改善命令を出した。



{娘} なんや、政府(官邸、財務省、防衛省)が政府なら、信金も信金やね。みんなでやれば怖くない。

{父} 官邸や財務省にも<業務改善命令>ださんとえけんな。

{娘} 社内の<懲戒処分>だけでええんか?犯罪やろ、告発すべきじゃないの?

{父} 森友加計問題もおんなじだろ。誰も告発しない。メディアもちょろちょろ、っと叩くだけで国民にはすぐ忘れさせる。被害者は国民やから、信金の犯罪より問題は大きい。

{娘} 告発したって、検察も裁判所も政府も一体やしね。おまけに、メディア、とくに記者クラブ、もすっかり政府に忖度。ほどほどで手を打つ。メディアも業務改善してほしいがな。ところで。。。父ちゃん、いつ逝くの? 生きてる間に、日本をまともな国にしてやりたいな。



朝日新聞

鹿児島の信金、17年間で不正1600件 計5億円超

2018年4月21日14時57分 https://www.asahi.com/articles/ASL4P3D03L4PTLTB006.html

 




国家、天皇の犯罪各種

【米国政府】戦後70年にわたり日本国を占領国とし、国民資産(土地、財産)を搾取 (ポツダム宣言違反)

【天皇裕仁】戦後、戦犯不起訴と引き替えに日本国を米国に売り、恒久的な駐留を米政府に依頼(憲法違反の大罪)

【日本国政府、最高裁】米国との間で核密約、駐留経費負担密約。憲法無視の超法規的判決(砂川判決など)。最高裁の犯罪は誰が裁くんなら?



巨大企業や政権の取り巻きが利益を受け、官僚政治屋にキックバックが流れる事業(原発、リニヤから加計森友まで)に国民の税金を使う(公的資産の毀損、私的利用、=盗用、背任)のも同罪=背任罪。鹿児島信金職員とおなじことをやっているのだ。

nice!(1) 

キャベツの木 [diary]



CIMG0616 ss.jpg

キャベツが何個もなった木、というのは知っていたし見たことがある。

が、キャベツの玉から木が出てくるとは知らなんだ。

半分食べた後、冷蔵庫に入れておいたら、残った玉から木の芽が出て、成長した。

このまま放っておいたら、生長した枝からキャベツ玉が鈴なり、さらにほうっておいたら、玉からまた木が出てきて。。。冷蔵庫の中がキャベツだらけ、になる。。。


a0242135_1125869.jpgc4968335474d5281627f42baef05c336.jpgCabbage.jpg

キャベツの木、いろいろ ↑


標準?キャベツ畑 ↓


cimg7375.jpg


(写真はネットからいただきました。サンクス)。


キャベツの木= キャベツ玉のなる木。キャベツの葉が木の形。地からキャベツ玉が成長(木がない)。それに、キャベツ玉から延びる木。。。

nice!(1) 

衣笠よ [魂]

dims.jpg時事


よくぞ広島に来てくれた。carpが消えても衣笠は永遠である。


nice!(0) 

対米従属に眼をつむり何が「国民の敵」か   ひとならなろう独立国に [Tragedy]

自衛隊はたれも知っているように、すっかり、米軍の指揮下に組み込まれ完璧に属軍になっている。わたしはいまでも日本の仮想敵は米国、とおもっているが、これでは敵ではもちろんなく、そも、自衛隊は戦が出来る集団なのか?との恐れさえ抱く。


長周新聞がいつもどおり、歴史を踏まえた論評を行っている。(国会議事堂前で、小西議員に暴言を吐いた自衛隊幹部についての考察)。引用する。



対米従属に眼をつむり何が「国民の敵」か

 戦前の絶対主義天皇制のもとでも、天皇は1882(明治15)年1月の「軍人勅諭」で、「軍人は世論に惑わず、政治にかかわらず、ただただ一途に己が本分の忠誠を守り」と、軍人の政治関与を禁止していた。また、陸海軍刑法(軍法)においても、軍人の政治関与を禁止し、軍人には選挙権・被選挙権も与えていなかった。そして、現役将校が演説または文書をもって、その意見を発表したときには、「3年以下の禁固に処す」との明文もあった。 

 それは、明治維新によって欧米の憲政(立憲君主制)を導入した専門家が、軍人が政治に関与すれば政争の結果、武力行使に出るのは自然の流れで、そうなれば立憲政治が窒息し、国家動乱を招くという、先進諸国の教訓を取り入れたものであった。国民の生命と財産を守るための軍隊は、主権者である国民全体を代表するものであり、軍が独自の政治的見解をもって行動することを厳禁し、国民によって選ばれた議会や政治家によって統率されなければならないというのが、近代国家に共通する憲政の常道であった。

  しかし、そのようなたてまえ上の「文民統制」は機能せず、その規定にもとづいて日本の軍人の言動が裁かれたり、罰せられたりしたことはなかった。それは、戦前の日本の陸軍・海軍が叫んだ「邦人の生命と財産を守る」という大義名分とは裏腹に、国民を犠牲にして肥え太る天皇を頂点とする財閥や大地主の利益のための軍隊であったからである。いざ「国体」(天皇制による国家支配)が危機におちいれば、国民の生命や家財などいとも簡単に葬り去る。このことは、日本の民衆が国民的規模で体験し肌身でつかんだ確かな真理である。

  自衛隊は戦後、アメリカの占領期に朝鮮戦争に乗り出したアメリカの必要から、米軍の指揮のもとで警察予備隊の名で創設された。当時の「民族独立」「再軍備反対」の国民世論の高まりのもとで、最初から文民である首相や防衛庁(当時)が、自衛隊を指揮監督すること(文民統制)が自衛隊法によって規定されてきた。そこから今日まで、防衛大臣を政策の専門家である文官(背広組)が支え、軍事を専門とする自衛官(制服組)を統制する仕組みが機能してきたと、説明されてきた。

  しかし、過去にも文民統制を犯すかのような振る舞いは問題になってきた。1963年には、防衛庁の統合幕僚会議事務局が「朝鮮半島有事が日本に波及する事態」を想定し、自衛隊の防衛出動や戦時立法などを「統合防衛図上研究」として研究していた「三矢研究」が暴露された。1978年には、統合幕僚会議議長であった栗栖弘臣が週刊誌のインタビューで「(日本が奇襲攻撃を受けた場合、自衛隊の)現地部隊はやむにやまれず、超法規的行動をとることになる。法律がないから何もできないなどと言っちゃいられない」と発言し、議長を解任、勧奨退職に追い込まれた。しかし、懲戒処分を免れている。

  1992年、陸上自衛隊高射学校の戦史教官(陸自三佐)が週刊誌に、「(政治腐敗を)断ち切るにはどのような手段があるか。革命かクーデターしかない」と明記した論文を寄稿したことが、「品位を保つ義務に違反した」として、懲戒免職処分となった。そして、田母神俊雄・航空幕僚長更迭の一件(2008年)、南スーダンPKOやイラク日報隠ぺい事件(2017年)にいたっている。その都度、文民統制(シビリアン・コントロール)の欠落が糾弾されてきたがどこ吹く風で、ついには中枢の30代幹部自衛官が「国民の敵」と立法府の構成員に向かって恫喝するまでになった。「軍事について素人が口を挟むな」という武官の圧力に、文官や野党がおたおたする状況は、戦前そっくりである。

  軍事専門家はもとより、多くの者が知っているように、朝鮮戦争から南スーダンに至るまで、実質的な軍隊である自衛隊に対する指揮権を持っているのは米軍である。事実、在日米軍司令部中枢と日本の外務、法務などあらゆる省庁の高級官僚で構成される日米合同委員会が、日常的な協議で「日米安保」についての密約を積み重ねてきていることは既に暴露されている。

  そのうえで、日米安全保障協議委員会の「防衛協力小委員会」が日米共同作戦の統一指揮権をもった実質的な「日米統一司令部」となっている。政府・防衛省はそれを追認する機関でしかない。それは、今や「集団的自衛権」の名のもとに、地球の裏側までアメリカの海兵隊の肩代わりとして、日本の若者を送り出すまでになっている。

  首都圏をはじめ日本の制空権を他国の軍隊である米軍に握られ、米兵の犯罪や米軍ヘリコプターの墜落・部品落下などの横暴な振舞に抗議できない政府に「国民の生命と安全」「邦人保護のため」といわれても説得力などない。そして「国民の敵」と叫ぶ自衛隊は、日本を単独占領し従属国として従えている米国の下請けと化し、「昔天皇、今アメリカ」で統率されていることについて、曖昧にするわけにはいかない。日本社会を食い物にして、独立国としての主権を犯しているものには眼をつむり、小西某あたりを「国民の敵」などと認識していることそのものが笑止千万といわなければならない。これは「2・26」や「5・15」への逆戻りなどではなく、米軍直属軍隊の思い上がりと暴走であり、軍人が大きな声を出して文民を恫喝するのに対して、日本の独立と平和を目指す国民的な運動を強めて、跳ね返すことが求められている。




(以上引用)


事態は三島由紀夫が恐れていたとおりに進行している。

数年前、閣議決定に先駆け、自衛隊幕僚長が米国に飛び、集団的自衛権行使を容認可能になる、と報告する<事件>があった。一帯お前に給料払っているのは誰なんだ、と尋ねてみたくなる事件である。もっとも、米軍にも日本国民はセッセと<みかじめ料>を払わされているのであるが。。。


やっと白井聡『国体論』を読み終わった。事態は、三島由紀夫の恐れていたとおりになりつつある、ということだ。米軍の属軍となり、いまや日本国民の敵になりつつある。日本の空は米軍の管理下にある。夏に横田基地に配備されたオスプレーの運用が開始される。かりに、オスプレーが首都圏に墜落した場合、わかりやすく国会議事堂もしくは官邸あたりに、墜落したとしよう。ただちに横田基地から装甲車なり、海兵隊ヘリがかけつけ、数百人の海兵隊員が永田町一帯を封鎖し、日本国民の通行立ち入りは制限される。むろん日本の警察も手を出せない。手を出すとすれば海兵隊の指示に従って国民排除に手を貸すくらいが関の山。 これは架空の事態ではない。現在の安保と地位協定を適用すればこうなる、という事実問題である。60年安保では自衛隊の治安出動はなされなかったが、もし自衛隊が治安出動になれば、当然ながら、米軍の指揮下に入って日本国民の敵となるのである。


去年であったか一昨年であったか、沖縄で本土から派遣された警察が住民の抗議排除に際して「土人めが!」と叫んだ事件があった。土人で結構ではないか。わたしも土人である。日本列島は北から南まで土人のものである。警察は自らを非・土人(もしくは異人)とおもっているのであろう。では、おまえらは誰なのか?どこから来たのか?何に基づいて何を守り何を排除しようとしているのか。誰を敵にしようとしているのか。おまえら、とは、むろん、現在の米国傀儡政権(自民政権)を指している。


非・土人(異人)は日本から出て行け。土人を米軍に売ったヒロヒト一族も列島から追放しよう。


第二次大戦(太平洋戦争&日中戦争)終了後、70年を経ても日本の独立はかなわなかった。あっさりと、米国五十一番目の州に格上げしてもらったほうが(米合衆国・日本州の成立)、列島住民は安寧の日々が送られるだろう。オスプレー墜落の危険もなく、日夜、訓練機の轟音に脅かされる危険もなく、米国憲法と州法に基づいて米連邦から独立した日本州行政権が得られ(日米地位協定ではなく)、現在の米国民がそうであるように、安寧の日々が保証されるであろう。


日本列島が米州に組み込まれれば、安倍などの背任政治屋、こいつらに手を貸した官僚など即刻解任、牢屋行きだろう。麻生・福田のようなパワハラ官僚、それを擁護する政治屋も同様。


現状のまま傀儡政権状態(もしくは二重政権状態)が百年、二百年継続するであろうか?それより早く米州として組み込まれた方がすっきりはっきり、国民(州民)も幸せである。みなさまのエンチッケ(NHK)は、放送をすべて米語と和語でおこない、速やかな移行の準備をはじめてもらいたい。言語の移行はこのネット時代、20年で可能である(一世代)。シンガポールを観よ。


森嶋通夫(1999)『なぜ日本は没落するか』

私は2050年の日本が明るいことを心から希望するが,このように考えるゆえにその道は遠くて暗いと言わざるをえない.日本の読者は,本書での私を激しすぎると思うであろう.しかし私は,外国人が日本の政治を見れば,「分からない国だ」と結論するに違いないと確信する.誰もわからない国を先進国だと思わない.この最後のセンテンスはわかっていただけるだろう


DbRuJWyV4AASLMQ.jpg

へい、ポチ!

nice!(0) 

雨月物語 Ugetsu The Criterion Collection [Art]

81tZUwKW6RL__SY500_.jpg


Ugetsu The Criterion Collectionが届いた。bluray版じゃなく、出費節約、dvd版を購入した。blurayと遜色ないくらいに本編の画面はクリア。今持っている廉価版dvdとは当然ながら比較にならない。二枚組である。ディスク二枚目は特典映像として新藤兼人『ある映画監督の生涯』が全編収録されている。新藤兼人が、師ともいえる溝口健二の生涯をインタビューで追ったすばらしい作品である。溝口の紹介としてはこれ以上のフィルムはあるまい。ただし収録バージョンには日本で発売されている『ある映画監督の生涯』についている音声解説(新藤兼人+佐藤忠男。とても有用)がない。


ディスク1には本編と、関係者へのインタビューが納められている。篠田正浩(松竹・小津の助監督)、田中徳三(雨月の助監督)、宮川一夫(雨月のカメラ)。篠田は溝口に直接は関係ないが、当時、小津の助監督をつとめていたこともあり、小津と溝口の比較、雨月の鋭い解説(雨月とシンクロしているイタリアンネオリアリズム、早坂文雄の音楽など)を披露している。田中は人間溝口の生態を解説。依田のシナリオが撮影現場でほぼ毎日、何回も書き直されているのが(書き直しの都度、依田を撮影所に呼びつけ、依田自身の手で書き直させた)、当時の実物シナリオを見せてもらってよくわかった。俳優もシナリオライターもトコトン、搾り取る溝口。溝口は俳優にどういうふうに演技しろ、とか台詞をこう言え、とか具体的な指示を一切出さない。(新藤兼人にいわせればそれはずるがしこい監督術の一つ。もし言われたとおりにやればOKを出さざるを得なくなる。溝口の要求する演技は言語で指示できるものじゃない、ということだろう)言葉の指示で表せないサムシングを俳優自身でつかめ。他の監督なら、自分でカメラを覗いて構図などを指示・注文することもある。が、溝口は一度として自分でカメラを覗いたことはない。カメラマンや俳優にお任せである。満足するまでひたすらやり直させるのである。


俳優に対する溝口の口癖。反射(リフレクト)がありません。状況に反射してください!


宮川がインタビューで興味深いことを語っている。小津と違って溝口の画面はつねに動いている。クレーンやレールを使う移動。そして、カメラが静止ということは全くない。比喩ではなく、全くないのである。クレーンで撮影時、一時的に静止しているように見える画面も、かすかに動いているのである。そう思って見直せば確かにフレームが微動している。これは意図的にそうしているのである。観客に、不安定感を与えるためである。むろん、実験を繰り返し、その効果を溝口が納得したうえでの操作である。


宮川君、映画とは巻物だよ。クローズアップなどは不要、画面が(巻物のように流れて、一時的に)止まるところ、そこがクローズアップなんだ。 宮川が語る溝口の弁である。 


CIMG0614 (2) ss.jpg

早坂文雄。映画音楽の古いスタイルを完全に洗い流した(篠田)


早坂、宮川、宮口精二、京マチ子。黒澤・羅生門と同じスタッフによる一世一代の快作(篠田正浩によれば溝口も予期しなかったようなミラクル)。当時の大映は最強であった。


追記: 宮川へのインタビュー、1992年収録。「この頃のTVドラマは全然つまらない。。。台詞を聞かなければ意味がつかめない。ラジオドラマと同じだ。 絵(画面)が何も語っていない。サイレント映画はなんだったのだろうか。」



米国アマゾン ugetsu



criterion 雨月の特典

TWO-DVD SPECIAL EDITION FEATURES
-New 4K digital restoration undertaken by The Film Foundation
-Audio commentary by filmmaker, critic, and festival programmer Tony Rayns
-Kenji Mizoguchi: The Life of a Film Director (1975), a 150-minute documentary by Kaneto Shindo
-Two Worlds Intertwined, a 2005 appreciation of Ugetsu by filmmaker Masahiro Shinoda
-Process and Production, a 2005 interview with Tokuzo Tanaka, first assistant director on Ugetsu
-Interview from 1992 with cinematographer Kazuo Miyagawa
-Trailers
-An essay by film critic Phillip Lopate

nice!(0) 

獣を野に放すな [Tragedy]

麻生「はめられた」

もはや基地外、というしかない。昔の言葉だが禁治産者扱いにすべきである。

 こういう発言をおおっぴらに記者の前でする閣僚が、世界にいるか? メディアは犯罪者から挑戦を受けているのだよ。

どうする?

2794.jpg



*


セクハラ録音して週刊誌に渡したことは「犯罪」 下村博文元文科相、撤回し謝罪


下村氏は聴衆との質疑応答の中で「確かに福田事務次官がとんでもない発言をしてるかもしれないけど、そんなの隠しとっておいて、テレビ局の人が週刊誌に売ること自体がはめられてますよ。ある意味犯罪だと思う」と発言した。下村氏はコメントで「オフレコの場での会話を隠し録音することは取材倫理違反だ」と指摘。その上で「女性記者がはなから週刊誌に提供する意図で隠し録音をしていたのではないかという疑念が生じた。このような懸念を伝えたかった」と発言の理由を説明した。


被害者は社内上司にセクハラ被害を過去一年、抗議するよう訴えていたのだ。証拠の録音を雑誌社(世論に訴える)に提供してどこが問題なのか。女性被害者が、セクハラ、痴漢の証拠を録音録画して雑誌社にもちこむ。そのどこが悪いか。
伊藤詩織さんのようにホテル監視カメラが、ホテルに連れ込む映像を写していても容疑者の逮捕拘束もできない日本でいいのか。

たまたま記者である場合は証拠を雑誌社に持ち込めない、泣き寝入りしろ、というのか?

 メディアは徹底追求せよ。

 野党や弁護士団体は、セクハラ(というより一般的なパワハラ)の被害、それに内部告発の受け入れ先を早急にもうけるべきである。日本は世界の笑いもの、ガラパゴスになっている。国益の毀損はなはだしい。



nice!(1) 

猿どもめ [Tragedy]

担当記者との懇親会の席で、この男は「だったらすぐに男の番(記者)に替えればいいだけじゃないか。なあそうだろ?だってさ、(週刊新潮に話した担当女性記者は)ネタをもらえるかもってそれでついていったんだろ。触られてもいないんじゃないの」と発言。


おまえらを人間とは認めない。少なくともお前と福田の人権は一時停止だ。録音の声紋分析から95%間違いなく福田だ、とわかっている。普通の人間ならいまごろ豚箱だろう?豚だから大目に見てもらって辞任がみとめられる(そのうち民間人になり、懲戒免職にもならず、退職金全額もらい、天下りをやる、っていう算段だろう。)痴漢の現行犯は逮捕=身柄拘束されるのを知らないか。


福田の人権はなしってわけ?福田にも人権を認めているから身柄も拘束されず、放し飼いされているじゃないか?与太者でなければ官僚、政治屋になれぬニッポン。

s_ice_screenshot_20180421-093321.jpg


猿さん、豚さんたちに申し訳ないと思う。



DbRuJWyV4AASLMQ.jpg

nice!(0) 

白井聡『国体論 菊と星条旗』 [diary]

こんな夢を見た。

自由民主党総裁副総裁が、カルト団体日本会議に総裁副総裁として天下り。天のぼり?

(あるいわ、カルト団体日本会議の総裁副総裁(麻生安倍)が、徒党・自由民主党総裁副総裁に天下り?)


 脱獄した、もとい、釈放された籠池とも呉越同舟。(やつは犯罪者、それに、身分が違う、とasoは無視)


夢は正夢。


よしこ婆も悪い夢を見たようだ。夢から覚めろ。正気を取り戻せ。

151bcd13  ss.png


国家基本問題研究所のホームページには,「 【第505回・特別版】政治家は改憲の歴史的使命を果たせ」という櫻井よしこの記述がある(2018.03.26)。このなから最後部の主張を引用しておく。
  日本周辺の政治,軍事状況の大きな変化の中で,いまのままでは日本が自力で日本を守り通すことは不可能だと認識すべきだ。だが,国民を守り日本国を守るのは,日本国でしかあり得ない。だからこそ日米安保体制の強化とともに,国としての力を強めなければならない。そのための憲法改正である。

 わが国は北朝鮮の危機,中国の膨張,米国の変化に直面しているのである。わが国の安全を「平和を愛する」国際社会の「公正と信義」に縋り続けて70年,一国平和主義の気概なき在り様を変える歴史的使命を果たすのが責任ある政治家,政党,メディアの役割だ。
  註記)https://jinf.jp/weekly/archives/22566
 櫻井よしこは,在日米軍基地に自国領土の首根っこを軍事的に抑えられ・牛耳られている日本国全体をかこむ現状は,いったいどのように認識しているのか。このように問われる以前にいわく,「日本が自力で日本を守り通すことは不可能だと認識すべきだ」が,「国民を守り日本国を守るのは,日本国でしかあり得ない」にしても,「だからこそ日米安保体制の強化とともに,国としての力を強めなければならない。そのための憲法改正である」といったごとき,櫻井よしこ流に元気さだけは存分に発揮されている主張であっても,その脈絡をたどっていくと完全に支離滅裂であった。

 すなわち,日本は自力で自国を守れないから,完全に対米従属国である現状の「日米安保体制の強化とともに,国としての力を強め」るためには「憲法改正」が必要だといっている。けれどもこの主張では,アメリアのためにはたしかになるにしても,けっして日本じたいのためになりえない。この点は,日本国土の現状(全国に配置されていて “完全なる治外法権”  を有する米軍基地の実在)を直視すれば,すぐに理解できることがらである。

 ところが,櫻井よしこの思考方式はまさしく,ここまでもひどく思考停止を明示している。安倍晋三流の「戦後レジームからの脱却」論の根本矛盾と同穴であった。「できもしないことをできるかのように」唱えていた。





41D4iJJf8bL__SX308_BO1,204,203,200_.jpg


白井聡『国体論』をよむと奇妙な感じを受ける。副題、菊と星条旗、に示されるように<菊>の意味と価値を戦前から、ルースベネディクトなどの日本研究により米国政府は熟知していた。米政府の<菊>を利用した日本収奪戦略は、日本を開戦に持ち込む、はるか前からの既定路線であった。このことを戦後、文言に定着したのがGHQ起草による新憲法第一章である。むろん裕仁は米国以上にこのこと(菊、の価値)を知っており、ために(=己の命を救うため)、日本統治権を米国に売ったのである。身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあり、ではなく、国を売って(=白井用語で永続敗戦。属国=植民地になること)こそヒロヒトの命の浮かぶ瀬があった、のである。己の命など欲しくない極右が、天皇制護持を叫びながら、星条旗を掲げて振り回す、のは当然のことである。


日本国憲法、第一章天皇。「第1条(天皇の地位、国民主権). 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。」 これはこう読み替えるべきである。「この地位は(主権の存する)米国政府の意思に基づく」と。いずれにしても、民主的手続きを経ないで統治に関わる個人も組織も、民主国を名乗るならあってはならないのだ。天皇家の文化的貢献をみとめて、しかるべき文化団体、法人と位置づければよい。公的組織としないことである。明仁は<公的活動>を望んでいる節があるが、民主国としては御免被りたい。私的活動としてなら法律にしたがうなら何をやってもかまわない、それは国民一般に認められている。営利事業を運営するも自由、文化事業である茶道や華道と同じことである(そのほうが現在より儲かるであろう)。もちろん皇室典範も廃棄である。天皇の存在を憲法で定めれば、政治的不安定要因になるのは目に見えている。(ヒロヒトは憲法に違反し、米国政府と直接取引して、米軍の半永久的駐留を依願したのだ。それを罰する規定もない。米国も日本憲法を無視して(司法に介入し)駐留を続けている。日本の戦前を見れば自明であろう)それを十分知っている米国政府ならば、おのれたちが起草した憲法一章の意図はあまりに<露骨で恥ずかしい>はず。せめて「世界平和を希求する連合国の意思である」、とでも解しておくか?国連の<敵国条項>が解除された暁には憲法第一章は廃棄すべきである。敗戦直後の日本国には、ファウンディングファーザーが必要だった、それは憲法を起草した連合国(米国)であったのだ。


日本が独立したければ、憲法第一章を廃棄(天皇制を捨てる=民営化する。憲法廃棄、も、加憲の一部)するしかないのだ。護憲派諸君はどう考える?生前退位を巡る明仁と安倍一派の争いなど、天皇制永続を強固にこそすれ米国支配になんの影響も与えない。明治政権が、支配ツールとして天皇をリサイクルして使った。温故知新、米国政権もリサイクルしているのだね。ただし、米国傀儡支配制度としての象徴天皇制を、国体、と呼ぶのには抵抗がある。説明しなければ何を言っているのかわからないからである。


何世代かあと日本国民が憲法第一章を廃棄(改憲)すること選択したとき連合国=国際連合&米政府はどうするか。なにもしない。すっかり簒奪されてしまった後の日本に関心はない。それにしても、支配ツール天皇を元首にする、という自民改憲案はあまりにデキすぎていて米国(中国)も怖くなるのじゃないか?元自衛隊統合幕僚会議議長/栗須弘臣(金丸に解任された)は、自衛隊は天皇に直属すべきである、と著書で書いている。自衛隊(軍隊)で、いま、どういう教育がなされているのかが問題である。九条の縛りをはずすことは、1930年代よ再び、ということになりかねない。


<精神年齢12歳>と舐められた時代から、国民と天皇、それにメディアが変わっているのだろうか?

DbRuJWyV4AASLMQ.jpg

へい、ポチ!



佐藤優、山川均の護憲論、天皇制 http://furuido.blog.so-net.ne.jp/2007-04-15-1

nice!(0) 

Soseki by John Nathan [Art]


51+EoKZ561L__SX331_BO1,204,203,200_.jpg

Soseki: Modern Japan's Greatest Novelist (Asia Perspectives: History, Society, and Culture)


最近『明暗』を英訳したばかりのJohn Nathanの漱石論が今月刊行される。日本の現代小説を数々英訳してきたNathanの到達点か。漱石は20世紀初頭、日本から離脱し孤立した世界大の思想家、小説家であったとおもう。ヘンリー&ウイリアム・ジェームズ兄弟を兼ねたような。加えて和漢にも通じた。多くの、自称弟子たちに囲まれたが親鸞と同じく弟子はおらず、孤立していた。早世した文人子規だけは漱石にとって特別の位置にあったようだ。孤立はライター(アーチスト)、デンカーの条件である。


Preface

Acknowledgments

1. Beginnings

2. School Days

3. Words

4. The Provinces

5. London

6. Home Again

7. I Am a Cat

8. Smaller Gems

9. The Thursday Salon

10. A Professional Novelist

11. Sanshiro

12. A Pair of Novels

13. Crisis at Shuzenji

14. A Death in the Family

15. Einsamkeit

16. Grass on the Wayside

17. The Final Year

Notes

Selected Bibliography

Index





漱石『明暗』を一気に読んだのは70年前後のことだ。まるで心理映画、推理映画のように迫力ある場面が展開しつづける読み物であった。Nathanの新訳も是非読んでみたい。これで我が人生、ジ・エンドである。

61VOWlY9-mL__SX347_BO1,204,203,200_.jpg


bookreview: light & dark


nice!(0) 

常識を外れたテレビ朝日、財務省 [diary]

時事通信、20日、19時配信。

 福田淳一財務事務次官のセクハラ疑惑で、テレビ朝日は20日、財務省から「しっかりと受け止める」との趣旨の回答があったと発表した。同社は19日、被害を受けたのは同社の女性社員だったとして同省に抗議していた。

 同省からは「納得のいく形で話を聞きたい」との意向も伝えられたといい、同社は「今後慎重に検討する」とコメントを出した。

テレビ朝日は回答の全文を明らかにせよ。財務省はなにを「しっかり受け止め」たのか。そも福田淳一の処分はどうなったのか。まさか退職金全額支給の依願退職ではあるまいね? 懲戒免職とすべきである。

「納得のいく形で話を聞きたい」 え?? 加害者が「納得のいく形で」被害者の話を聞く??としか思えない書きっぷりである。 なにが、「慎重に検討する」だ! ハナシをすべきなのは加害者側である。そも、加害者から被害者に謝罪のことばがあったのか?

(被害者ズラをしている)テレビ朝日も加害者であることを忘れるな。被害者女性はこれまでテレ朝社内で上司に、一年以上にわたり、セクハラを福田から受けていることを訴えていたにもかかわらず、(部署を移動させ、財務省に抗議するなど)なんらかのアクションをとることを拒否し、被害者はこのままでは黙殺されると恐れ、雑誌社に証拠の録音を渡し、それが記事になって、福田が辞任した後、財務省(の誰?)に抗議し、やっと、記者会見を開いたのである。被害者へのセクハラは財務省と、所属するテレビ朝日の共犯なのである。

テレ朝がおこなったという財務省に抗議は、誰から誰に当てた抗議か? セクハラ行為を受けていたのは財務省のゴリラ政務次官である。大臣に次ぐ地位だ。まさか、セクハラ加害者より下位の部署に宛てたのじゃあるまいね??加害者より上位、すなわち、財務省の猿大臣しか抗議する宛先はない。発出者は、テレ朝の社長であるべきだ。

「今後慎重に検討」しなければならぬのは、テレビ朝日の上司と社長へ処分である(停職、減給、降格は避けられまい。常識のある会社なら)。

テレビ朝日に対する、財務省からの上から目線=無礼な回答は、国外脱出した麻生大臣からの指示を反映したものであろう。このような常識のない大臣を免職し、官庁は解体すべきである。日本がまっとうな国であるかどうか(とっくに海外からは見放されてはいるが)の、分岐点にいるのだということを忘れている。

組織は頭から腐る、という。猿とゴリラがトップでは財務省職員が腐るのも無理はなかろう。財務省、テレ朝の職員には同情を禁じ得ない。

imagesCVYTXFVZ.jpg2d489_88_93bff9cf6c5d2ab877560a37d67685bf.jpg

 

blog_import_52c00f78c084f.jpgNewImage72.png

わかっていたことであるが、asoを猿、fukudaをゴリラに比すのは大間違いである、と、こうして写真を並べてみて改めて悟った次第である。威厳を保つ動物たちに比べ、人間どものなんと堕落したことか。所作言動を比較せずとも、顔にすべては書いてある。

 

 

 

 

 

 


nice!(1) 

人権感覚など日本の報道会社にはない 記者に対するセクハラ+パワハラ問題は記者クラブ問題   権力への忖度の元凶は記者クラブ [Tragedy]

ブログを丸ごと引用する。例の女性記者と、福田がある店で交わした会話記録である。ブログ『半歩前へ』。週刊誌の引用だ。


まずこの記録を読んでの、私の感想を最初に記しておく驚き!福田淳一はセクハラの常習者 というタイトルだが、驚き、でもなんでもない。福田淳一程度の人間ならどの官庁にもゴロゴロしている、ということが直ちに直感される。日本独特の因習である。セクハラ=人権無視を許しているのは報道会社であり、記者クラブの因習なのだ。もし私の娘が記者をやっており、財務省詰めで官僚どもから情報をもらうのが仕事であったとする。下記のような状況で記事を書いているのよ、と、私(父)に話したならば、「馬鹿たれ!さっさと記者など辞めろ!」と怒鳴るだろう。日本という国はジャーナリズム以前、人権がからっきしないのである。テレビ朝日が、財務省に抗議した、などお笑いぐさである。まず、抗議するなら(人権など全くない)記者クラブにしろ。記者クラブの会員は、昨晩遅くのテレ朝記者会見でも、女性記者が<録音>を雑誌社にもちこんだことに異議を唱えている位なのである。(記者が、録音するのに相手の了解は不要であり、雑誌社に持ち込むのも全く問題ない行為だ。これは報道問題ではない、個人の人権を守るための行為である。それが問題ならば、いま、全国津々浦々監視カメラが見張っているのも問題となる。)


「記者など辞めろ」と娘に強く助言する、とはそういう意味である。おそらく女性記者を家族に持つなら誰もそう思うだろう。日本にジャーナリズムなどまだ早い。


米国でもセクハラに女性が耐えてきたのは、映画界、音楽会など、監督/俳優、指揮者/演奏家などの地位利用によるセックス強要が成立する場所である。米国でも取材に当たって今回の財務省セクハラ幹部と女性記者のあいだに起こったことが発生するか?しにくいだろう、とおもう。日本の「記者クラブ」のように、政府や官僚にゴマをすって、地位利用により「取材させてもらっている」感覚は日本にしかない。もともと「記者クラブ」とは日露戦争直後、国民への情報制限を行うために政府が編み出した組織である。<特権的な地位>を与えてもらっている、という意識が、記者クラブ会員、にないこと、驚くばかりである。


テレビ朝日や、産経、読売などが代表的であるが、記事をありがたくいただくためには、社員の権利などどうでもええ、という組織なのである。


重ねて言うが、記者クラブ(および報道会社)に人権意識がない状況でまともな報道などできるわけがない。


こういうニュースを見ると、記者として働こう、と思う女性など誰もいなくなるだろう。<女性総活躍>時代の、日本の状況である(爆笑)。女性の不幸は、男性の不幸。わかっちょる? キンタマぶらさげている、おとなしーい、男性記者どもよ。



+ 以下、丸ごと引用。引用の一部により検索すれば関係者、識者(爆)のコメントが得られるだろう。



驚き!福田淳一はセクハラの常習者だった!
http://85280384.at.webry.info/201804/article_190.html
2018/04/18 22:06 半歩前へ

▼驚き!福田淳一はセクハラの常習者だった!

 「週刊新潮」が第2の矢を放つまでもなく財務事務次官の福田淳一は、世論の集中砲火を浴びて辞任に追い込まれた。

 ところで、この男のセクハラは昨日今日のことではなかった。実は福田はセクシャルハラスメントの常習者だった。

****************

 「週刊新潮」先週号が報じた財務省トップ・福田淳一事務次官のセクハラ発言。4月16日、次官および財務省は全面否定のコメントを発表したが、本誌は、以下のような発言も確認している。

 今回紹介するセクハラの舞台となったのは、東京・品川区の目黒駅にほど近い「ロゼッタ」という店。財務省はコメントで〈女性が接客をしているお店に行き、お店の女性と言葉遊びを楽しむようなことはある〉としたが、れっきとしたワインバルでの模様である。

 なお、前回の音声と併せて報じたセクハラは今春のものだが、こちらは2016年11月。現在、店はオーナーが代わり、店名も変わっている。福田次官の肩書も当時は「主計局長」で、セクハラ発言が昨日今日だけのものではないことが分かるはずだ。

 その頃の福田主計局長は、公共放送に不満をお持ちだったようで、

福田 テレビなんか見たくないよ。NHKも下らないじゃ~ん。左翼的で。

記者 う~~ん……まぁ……でもNスぺとか……。

福田 (割り込んで)すいません、キスしたいんですけどぉ……。  記者 ダメです。  
 また、以下のようなやりとりを、財務省がいうところの〈お店の女性〉とするだろうか。

福田 俺、新聞記者だったらいい記者だったと思うよ。

記者 うんうん、そうじゃないですか、絶対。

福田 キスする?

記者 え、キスする記者に、いい情報あげようなんて、あんま思わない。

福田 いや思うよ~。

記者 えぇー!? 本当ですか!?

福田 いやいや、好きだからキスしたいんだよ。いやいや、キスは……。好きだからキスしたい。好きだから情報を……。  (以上 週刊新潮)

* 引用終わり

 

こういう状況で「改憲」って騒いでいるのよね。あー、アホらし。

改憲の前に、記者クラブを解体しろ。記者クラブを解体すれば、改憲の、か、の字も、起こらない。マフィア政府が、米国追随の戦前化・軍事化を推し進めることが出来るのは、子飼いの記者クラブが存在して政府を幇助しているからである。(つまり、電通&記者クラブが自民(CIA)政府・改憲を幇助している)。

まず、世界のメディアが知っている伊藤詩織事件、を記者クラブはどう取り扱っているか、を考えれば、日本における記者クラブの存在(無)意義がわかるだろう。記者クラブは日本社会を破壊するのである。



え?伊藤詩織事件?!って、なに? アホの記者クラブでございます。

NwJo_2XEiKnVkeBW.jpg

古賀茂明氏「うちでは報道出来ないと言われたので仕方なく新潮に行った、その対応はまずかったと篠塚は言ってたけど、篠塚はとんでもない奴。上司の早川会長は安倍のポチ。ポチのポチの篠塚が偉そうな事を言ってる。女性記者が上司に言ってたら潰されてた」




追記:

テレビ朝日が深夜に行った記者会見で、女性記者が質問していた「今回の取材記録(録音)を、雑誌社に渡したことをどう思いますか?」。。。あきれた質問である。TBSがオウムに取材したオウム事件を、TV放映前にTBSを訪れたオウムに見せた、というオウム・TBS問題が以前あった(1989年)が、今回のセクハラ問題に比して言えば、被害を受けた女性記者に(雑誌などに録音情報を流すのではなく)被害内容をまず財務省(のお抱え弁護士)に提供しろ、という財務省主張に等しい。犯罪者による事前検閲である。あほくさい、ったらありゃしない。前記のように、今回の事件は女性記者による個人的人格攻撃であり、取材ではない。電車内でセクハラに遭った記者がその証拠をスマホで録音録画し、公開するのは、取材源の秘匿とかとは全く関係ない。まして、(加害者に)了解なく録音したことに言いがかりをつけるなど愚の骨頂である。このこともわからぬか(->産経、読売よ、上記のテレ朝に質問して財務省にゴマをすった女性記者よ)。 オウムTBS問題になぞらえるなら、オウムに比されるのは、組織防衛に走る記者クラブ、であり、財務省である。せっせと社内検閲に精を出しているNHKなどをみると、オウムTBS問題は、全く収まっていない、いま現在の問題であることがわかる。(丸山真男は死の直前に、日本社会がオウム化しつつある、と警告していた。オウムによる「坂本さん事件」、もいつ起こるかわからない)。行政の長の犯罪を、立法、行政、司法が組織をあげて防衛しているのと同型の問題である。麻生や安倍、福田、あるいは、管の発言はムラ(報道村=飼い慣らした記者クラブ)を相手にしている。手中のムラから、己に洪水が及ぶことはまさか、あるまい、と踏んでいるのである。ムラの常識から外れた報道はムラから検閲、自主規制、無視され、それでもやれば叩かれる。(伊藤詩織強姦事件をみよ)



記者クラブとは政権忖度・自己検閲クラブである。



以下、関係者のコメントあれこれ。


佐藤優のコメントは珍しく、同意できる。


佐藤優×野村邦丸:佐藤優氏が福田元財務省事務次官セクハラ疑惑を解説! 深読みジャパン2018年4月20日

1. テレビ朝日は許せない(法的に処分されるべき)。違法性を承知で情報を得るため、女性からの訴えがあり、被害を知りながら無視して、女性記者を働かせたこと。

2. 福田の<女性のいる店に置ける遊び>を徹底的に調査すべきである。誰がいくら払っているか(自腹を切っているか、ということ)。そして調査は財務省でなく、省外、たとえば内閣官房(信じられる??)がおこなうこと。

3. テレビ朝日の抗議先が間違っている。福田の上司すなわち麻生に対し、テレビ朝日社長が行わなければ意味がない。

・・・その他。


とくに上記1については、テレビ朝日を取り調べて欲しい(誰が?総務省が?爆)。テレビ朝日だけではあるまい。


 



会見で 相手に録音の許諾を取ってるのかという質問がありました。
セクハラ・パワハラの被害にあった人が、
その被害を記録するために、 録音することはなんら違法ではありません。 合法です。
会見を見た人が録音してはいけないんだと誤解してはいけない。
身を守るために録音することは合法です。
    (記者会見における産経記者の発言に対して怒る
荻上チキ・Session-22)


nice!(0) 

深夜の記者会見。。でもやらにゃ、立場もないだろう、テレ朝よ [Tragedy]

セクハラに遭った女性社員(これまで何度も何度も被害を受けていた)を守れなかったテレビ朝日。

セクハラ常習者福田(次官、財務省)が辞任を決めた後、立場を守るため、いいわけ記者会見を深夜に行ったらしい。 アホ、と顔に書いてある。

NwJo_2XEiKnVkeBW.jpg

古賀茂明氏「うちでは報道出来ないと言われたので仕方なく新潮に行った、その対応はまずかったと篠塚は言ってたけど、篠塚はとんでもない奴。上司の早川会長は安倍のポチ。ポチのポチの篠塚が偉そうな事を言ってる。女性記者が上司に言ってたら潰されてた」




テレ朝の名誉のために言っておけば、どの報道会社に属する女性社員から同じ要請を受けても、幹部は抗議と暴露を拒否し、女性社員は泣き寝入りに及んだろう。取材過程のセクハラと、取材源の秘匿の、区別も出来ない人間と組織が報道をやっているのが日本の悲劇。(下記、産経の記事) 同業者=テレ朝幹部の行為を、他社がどう論評するか、みものである。



産経の記事が笑わせる。


テレビ朝日女性記者の上司 自社での報道「難しい」 過去にも取材データ提供問題化



取材と、セクハラ犯罪現場の区別も出来ないから、産経なのよ。テレ朝なのよ。

問題は記者クラブや報道会社幹部が、官僚による女性記者に対するセクハラの存在を黙認してきたことである。





セクハラ常習者を守ろうとしたマフィア大臣麻生がG20参加のため、米国に、脱出したという。G20、ってなんだ?(爆)
blog_import_52c00f78c084f.jpg

nice!(1) 

セクハラはメディアの問題 犯罪者の開き直りをなぜ許すのか [Tragedy]

財務相

被害者名乗り出ないと認定できず セクハラ疑惑

 麻生太郎財務相は17日の閣議後記者会見で、福田淳一事務次官のセクハラ疑惑について「状況が分かるように(被害者の女性が)出てこないといけない。申し出てこないと、どうしようもない」と話し、女性が名乗り出ない限りセクハラを事実と認定できないという考えを示した。

7.jpg

世界最低、恫喝大臣


 事実関係の調査を財務省の顧問弁護士に委託したことは公平性に欠けるとの質問には「名乗り出やすいように弁護士事務所にした。公募しろと言うのか」などと反論した。




セクハラ犯罪の調査を、加害者側弁護士にゆだねる馬鹿が世界のどこにあるか。犯罪者の上司が開き直っているのである。恥ずかしい限り、責任は会見の場でこの馬鹿を罵倒できないメディア(記者クラブ)にもある。記者クラブは世界の恥ということ、わかっているのだろうか。財務省がいつから、犯罪調査機関になったのか??


加害者(疑惑のある側)が犯罪を認定する? 馬鹿じゃないか。調査機関(検察、警察)に被害者(代理)が告訴するなり第三者が告発すべき事件である。何様のつもりか。 「盗人たけだけしい」とはこのことである。言いたい放題のマフィアに、何の反撃も出来ぬアホ記者ども。


すでに、ロイターやWall Street Journal紙がセクハラ犯罪対応に日本政府は対応できない、と報じた。安部/麻生が牛耳るマフィア政府のやりたい放題を許したのは日本記者クラブの責任である。








麻生よ、記者に言うたれ! 「伊藤詩織事件~強姦した安倍トモ=山口を見逃している新聞/テレビ報道が、財務省・セクハラ福田を解任せよというのかい(笑)」



*


女性が名乗り出なければセクハラ認定しない? 麻生大臣発言の問題点とは

報道各社が、すべきこともある。BuzzFeed News >

 https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/harassment-sincho?utm_term=.itRBkVEkR#.vj99n8DnA

記事冒頭部分を引用> 

週刊新潮が報じた福田淳一財務事務次官のセクハラ発言問題。

麻生太郎財務大臣は4月17日、被害にあったという女性が名乗り出てこなければ、事実の認定はできない、という見解を示した。

ただ、財務省は、調査を顧問契約を結んでいる弁護士に依頼している。こうした手法には専門家から「暴力的」との批判も上がっている。

「ハラスメントの調査の手法として、財務省のやり方はセオリーを踏まえていない。逸脱している、稚拙なものです」

そうBuzzFeed Newsの取材に厳しく指摘するのは、ハラスメントや労働問題に詳しい寺町東子弁護士だ。

「本件は公務員のトップによるセクハラという違法行為の告発で、公益性の高いものです。セクハラは公益通報者保護法の対象にはなっていませんが、一般的に公益通報の窓口などは、通報者の特定につながりうる情報は経営幹部にも開示しない、と明記されているものです。しかし、財務省の調査ではその安全性がまったく担保されていません」

実際、財務省の「調査への協力のお願い」という文書には、「協力いただける方に不利益が生じないよう、責任を持って対応させていただく」と記されているが、個人情報に関する明記は一切ない。

また、財務省が顧問契約をしている事務所に依頼をしていることも明らかになっている。寺町弁護士はこうも危惧する。

「顧問契約による委任事項は一般的に、依頼者への報告義務がある。外部窓口を中立性・公正性に疑義が生じるおそれがある法律事務所を起用することは避けるべき、と内部通報制度のガイドラインにも指摘がある。本来なら、情報提供者の秘密保持を明確にした第三者委員会などが調査するべきです」

(以下略)               

nice!(0) 

世界の安部化、トランプ化 軍部暴走満州<事変>、1930年代とどこが違う? [Tragedy]


2414.jpg


底を打ったかな?安部。いまが買い時げっそり


日本軍、昔、天皇の指揮下、いま、米軍の指揮下。げっそり


日本メディア。昔、日本軍の指揮下。いま、米政府の指揮下。げっそり



民進・小西氏に「国民の敵」=自衛官罵声、統幕長が陳謝 

 民進党の西氏は17日の参院外交防衛委員会で、自衛官を名乗る男性から「おまえは国民の敵だ」とののしられたことを明らかにした。防衛省は統合幕僚監部指揮通信システム部の30代の3等空佐だと特定。品位を重んじるよう定めた自衛隊法58条に抵触する恐れがあるとして、処分を検討している。制服組トップの河野克俊統幕長は同日、小西氏に陳謝した。(時事)

 

軍人が政治家を恫喝する社会への転落

 

 

民主党/小西議員を、自衛隊幹部が恫喝した様子を小西議員が語っている>>http://www.asyura2.com/18/senkyo243/msg/271.html

16日夜9時ごろ、小西洋之参院議員(民進)が参院会館前を歩いていたところ、ジョギングの男と目が合った。

 男は「小西か? お前は国民の敵だ。お前は気持ち悪い」と落ち着いた口調で言った。その目は据わっていた。

 男が「私は自衛官だ」と続けたので、小西議員は驚いた。右手には国権の最高機関である国会議事堂が聳え立っていた。

 同議員が「ここがどういう場所だか分かっているのか?」と問うと、自衛官は「何が悪いんだ。市民が国会議員に文句を言って何が悪いんだ?」と居直った。


nice!(0) 

自衛隊イラク日報 隠そうという疑惑がいっそう強まる。 <東京新聞 [Tragedy]

東京新聞の眼は他紙を超えている。

PK2018041702100004_size0.jpg

◆危険高まった1年欠落

 <解説> 今回公表されたイラク派遣部隊の日報は、現地の様子を伝える一次資料として重要な価値がある。しかし、これまで明らかになっている陸自宿営地へのロケット弾の着弾を含む二〇〇四年三月~〇五年三月の一年分の大半が含まれておらず、危険度が高まった時期の日報が抜け落ちている。

(中略) 

宿営地への初めての着弾は〇四年十月二十二日。同三十一日には、ロケット弾が宿営地内の荷物コンテナを貫通した被害が出たが、この日の日報はない。宿営地への計十三回の攻撃のうち、十一回分の日報がない。

 自衛隊のイラク派遣は憲法九条との整合性が問われたが、政府は自衛隊が活動する地域は「非戦闘地域」だと説明し、世論の反対を押し切った。本当に「非戦闘地域」だったのか、今回公表された日報からは検証できない。

PK2018041702100006_size0.jpg

 

 「自衛隊の活動しているところが非戦闘地域である」と惚け発言をしたアホ首相小泉を喚問しようか(爆)。

 


nice!(0) 

「もっと強気で行け」 忖度じゃなくpmからの指示 [diary]


「もっと強気で行け」安倍首相は佐川氏にメモを渡していた

 

 今から約1年前、2017年早春の国会でのことだった。

 学校法人「森友学園」への国有地売却を巡り、財務省の佐川宣寿理財局長(当時)は野党の質問攻めに忙殺されていた。委員会室で10数メートル先に座る首相の安倍晋三の秘書官の一人が佐川氏に歩み寄り、1枚のメモを手渡した。

「もっと強気で行け。PMより」

「PM」は「プライムミニスター(首相)」、即ち安倍首相を指す官僚たちの略語である。

2018032700013_1.jpg



「文春よ、もっと強気で行け。」立花隆&読者


ps: pm秘書官はpmメモのメッセンジャー。


 

nice!(0) 
前の30件 | -