So-net無料ブログ作成

談合無ければ建設工事なし [Tragedy]

  昨夜12/19の討論番組

【音声配信】「改めて知る談合のメカニズム」鬼島紘一×宇佐美善哉×武本光政×荻上チキ▼2017年12月19日放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時~)  https://www.tbsradio.jp/210579


大林組OBの作家鬼島さんが談合の実態を赤裸々に話す。同氏の話に寄れば、建設会社の談合は大手に限らず、しかも、すべての建設工事に及んでいる。談合無き建設工事は存在しない、ということである。


大手建設業界は社内に4,5人の仕切り屋がいる。仕切り屋同士が会合(たとえばゴルフをやりながら)を開いて、次は、どこがどれだけ受注するか、を決めるという。談合で決めておけば無駄な見積もり資料作成等も不要となる(値段は当然アップする)。特別の建設案件で談合が行われているのでは無い。ほぼ100%の案件で談合が行われている。談合無ければ日本の建設案件、建設工事は回らない、ということだ。談合抜きの工事受注システムは存在しない。


鬼島さんによれば、談合があればおおざっぱに言って、正価の三割高くなる、という(むろん税金から喰われるわけだ)。


発覚して検察から起訴されるたび、談合はやめる、談合組織は解体した、と当局に誓約書を差し出す(暴力団なみでんな)、ものの、すぐまた談合ルートがうごめき出す(暴力団なみでんな)。談合エイリアン。


再度言うが、公共事業などにおいては 100% 談合が行われている、と、鬼島さんは断言している。つまり、関係者(公正取引委員会、検察)は誰でも談合があることを知っているのである。 気が向いたら、立ち入り調査でもやるかあ~、てな調子なんだろう。


毎日新聞記者によると(電話インタビュー)、今回、大林が絡んだ談合の発端は特捜への業者側からの内部告発である、という。検察だって、建設業界は談合が無きゃ回らない、ということは知っているのだ。茶番である。談合無きゃ、五輪もリニアも不可能でっせ、と、いまごろ業界、政治屋、検察のトップ同士がネゴっているんだろう。どの辺で手をうちまっか?




結論として、。。。 リニアは立ち消え、つことね。 いいこった。 (検察、公正取引委員会が日和らねば。。)




詳細は上記の音声ダウンロードで確認を。文字起こしをして新聞に掲載してくれないか。国会議員は当然知っている内容だろう。 あほくさくて、笑ーてまうわ。國ぐるみ談合。当然、五輪施設もダンゴーだろう。


視聴者からの電話あり、地方の公共事業もほとんど談合だという。なぜ発注側(地方、中央公共団体)が危険を冒して談合を黙認し、住民の利益を毀損し続けるのか? 発注者(公共団体)が、業者に天下るためである。すなわち、天下りを禁止し、やったことが発覚すれば、時効無く過去に遡って検挙、訴追せねば談合もなくならない、ということである。



dango.jpg

アマゾン書評から>


■【スーパーゼネコンの官庁営業】
建設業界のスーパーゼネコン『大林組』に中途入社と はいえ、凡そ13年在職した事務系正社員であった著者が、いわば「この世界のことは書いてはならない。」 という暗黙の掟や不文律をノンフィクションとして赤裸々に『業務課(官庁営業)』として書き下ろしたよ うだ。(官庁と官庁OBの腐れ縁を含め。)

■【大林組と旧国鉄との絆】
大林組は、1892年(明治25年)創業の老舗ゼネコンで、9年後の1911年には、東京中央停車場(現在の東京駅)の建築工事を請負ったことから、面々と大林組と旧国鉄との強固な絆を築き、京都駅、大阪駅、横浜駅、広島駅、等は言うに及ばず、更に、大陸の満州鉄道の諸駅に及んだと言う。その絆は全国に展開され建設業界でも一目置かれことになっていたとのこと。

■【首都圏駅前用地は、大林組一人勝ち】
近年、大赤字の国鉄が解体され、国鉄清算事業団による首都圏の駅前用地払下げが一段落しております。結果は、従来通り国鉄に軸足を置いた大林が、有力国鉄OBを迎え入れ、用地確保の入札の営業活動を展開。 その結果、汐留、品川、東京、新宿と主要な都内の駅前用地を取得し、同時に、その建設工事を請負、大阪創業の大林組の首都圏での地位を確かなものと致しました。

■【官民癒着の構図を知っておりますか?】
「(絶えざる)談合や官民癒着」について、マスコミや知識人達が実体を判らないまま、書き放題であり、 一方、業界内からの内部告発も皆無である。しかもそれらは、『建設業界人にとっては、悪でも反社会的行為でもなく、当たり前のこと。』と考えられていると。『(事実を知った上での)一般市民の怒りと徹底的な(官民癒着との決別の)決意が必要です。』と著者は、著述の動機を述べております。


朝日新聞

CIMG0530 s.jpg


最後に。鬼島の告発本『談合業務課』は 2005年、10年以上前の出版である。建設業界はゴロツキどもとの癒着も激しいところ。過去、建設業界、それに暴力組織からの恫喝が鬼島さんに対して無かったのだろうか。この本を弁護士が読んで「寒々とする(実態である)。。」と書いている。事件になるたび、証拠が残らぬよう綿密な対策がなされるのだろう。 談合業務課、というより、中央地方官僚、検察、業界が、グルになって税金の鞘抜きをおこなう、いわば、談合国家、ニッポンの象徴である。Too Big Too Arrest というより、自分の手に、自分で手錠はかけられんわな。行政のトップが刑務所の塀の上を歩いている背任常習、ゴロツキだからなにやっても怖くは無い、つことよ。



日刊ゲンダイは今朝、安倍と大林会長のコネクションを報じている。

大林組会長はメシ友 安倍首相にリニア9兆円利権との接点

大林組会長はメシ友 安倍首相にリニア9兆円利権との接点

大林組会長の大林剛郎氏は安倍首相の「メシ友」(C)共同通信社

 スーパーゼネコン4社に“総ガサ入れ”だ。リニア中央新幹線の建設工事を巡り、東京地検特捜部は18日、独占禁止法違反の疑いで大手ゼネコン鹿島と清水建設の本社を家宅捜索し、強制捜査に乗り出した。近く大成建設や既に偽計業務妨害容疑で強制捜査を受けた大林組への捜索にも踏み切る。入札前に水面下で4社が協議し、受注分担を決める「談合」の疑いが深まったためだ。総工費9兆円に上る巨大利権のウラには、安倍首相とゼネコンの「パイプ」が浮かび上がる。

 リニア関連工事は2015年8月から計22件の工事契約を締結。このうち大手4社は計15件を受注し、南アルプス地下トンネルやリニア新駅建設など難工事を伴う契約を3~4件ずつ分け合う形となっている。いずれも価格は非公表ながら、総工費が1000億円から数千億円規模とみられる巨額工事について、4社は受注分担を協議。受注予定者や入札価格を事前に決める調整を繰り返していた疑いがもたれている。

 ここまでなら、単なる談合事件で片づくのだが、主要工事でゼネコン関係者がクビをかしげる「談合破り」が1件存在するのだ。それが名古屋のリニア新駅工事。朝日新聞によると、当初の協議では大成建設が希望したが、結果的には大林組が受注したという。

「主要駅の改築工事では、以前にその駅施設を建設したゼネコンに優先権を与えるのが、業界の不文律です。大成は今年全面開業した名古屋の新駅ビル『JRゲートタワー』を受注。地下6階、地上46階建てビルの地下にリニア新駅が建設される予定だったため、大成は当然工事を取れると思っていたはずです」(ゼネコン関係者)

以下略 記事全文 -> https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/219824


51QS6244X8L__SX341_BO1,204,203,200_.jpg61ip4-mVsTL__SX343_BO1,204,203,200_.jpg

nice!(0) 

望月の かけたることもなしと思へば ABC予想 [diary]


imge505bf5bzikdzj.jpg


wiki 日本語      mochizuki, who?











Has proof of the ABC conjecture, written by Shinichi Mochizuki, already been checked?
https://www.quora.com/Has-proof-of-the-ABC-conjecture-written-by-Shinichi-Mochizuki-already-been-checked



It has taken nearly four years, but mathematicians are finally starting to comprehend a mammoth proof that could revolutionise our understanding of the deep nature of numbers.

The 500-page proof was published online by Shinichi Mochizuki of Kyoto University, Japan in 2012 and offers a solution to a longstanding problem known as the ABC conjecture, which explores the fundamental relationships between numbers, addition and multiplication beginning with the simple equation a + b = c.
https://www.newscientist.com/article/2099534-mathematicians-finally-starting-to-understand-epic-abc-proof/



2012年、数学界に激震が走った。
30年近くだれも解けなかった「ABC予想」を
京都大学教授の望月新一が証明したというのだ。
ただ、その証拠である論文は「異世界からきた」と思われるほど難解で、
誰にも理解できなかった…。
それから、3年の時を経て、
数学界最大の謎に立ち向かうべくイギリスでカンファレンスが昨年開かれた。
そこで一体何が起きたのか。
2016年7月下旬から、再度京都で開かれるカンファレンスに備え、レポートを緊急掲載。
15年12月21日のQuanta Magazine 





Nature誌:


Monumental proof to torment mathematicians for years to come


Conference on Shinichi Mochizuki’s work inspires cautious optimism.





Proof claimed for deep connection between primes

If it is true, a solution to the abc conjecture about whole numbers would be an ‘astounding’ achievement.




The biggest mystery in mathematics: Shinichi Mochizuki and the impenetrable proof

A Japanese mathematician claims to have solved one of the most important problems in his field. The trouble is, hardly anyone can work out whether he's right.





The latest on Mochizuki
By lievenlb,
    









この世をばわが世とぞ思ふ 望月の かけたることもなしと思へば
                                          藤原道長






maxresdefault s.jpg


51qL1h1rlrL__SX324_BO1,204,203,200_.jpg

nice!(1) 

久米宏と荻上チキが語り合う [Politics]

久米宏と荻上チキが語り合う! > これはオモロかった耳 https://www.tbsradio.jp/207073  約1時間のトーク番組。12月13日


24956732_1530506343694379_1829911015_o-480x400.jpg


荻上チキが久しぶりに冴えた 「。。NHKが日馬富士問題を取り上げるときには画面に<PR>と出して欲しいっすね


むろん、エンチッケと相撲協会の、モツチモレタツ関係=腐れ縁、を言っている。 相撲協会はエンチッケ(受信料)からの放映料で支えられている。相撲中継は安定的な視聴率を稼いでいる。日馬富士問題だけじゃ無く、政治報道も<PR>番組。 エンチッケの政治報道番組スポンサーは政府(恫喝)でごじゃいます。


 この対談中、チキが久米に対して「筑紫哲也(当時のTBS,ニュース11のキャスター)をどうおもっていましたか?」と質問したが、久米ははぐらかして答えなかった。2008年のインタビューで久米は(亡くなった)筑紫についてこう語っている。http://d.hatena.ne.jp/takanofumio/20081113/p2

 

 ジャーナリストであり長く米国駐在であった筑紫哲也に久米は相当のライバル心を抱いたはずである。それまで歌謡番組の司会(超人気番組)でしかなかった久米をしてニュース番組キャスターを18年間も継続させたのはそのライバル心であった、といえるだろう。(2人は互いにタッグを組んだ、と言っていた。上記2008年インタビュー参照)



萩上チキよ、詩織さん強姦事件(TBSの元職員とTBS幹部の関与)の続報も忘れずにたのむぜ。



多事争論: 追悼・筑紫哲也 


100116_1034~01.jpg




エンチッケPR写真

3885 s.jpg

 左:山口  右:某エンチッケ職員(官邸入り浸り





本のPR

chiki.png

nice!(1) 

母を訪う [diary]

今年九月一年ぶりに、母のいる介護施設を訪れた。わが故郷東広島市志和町。下手な歌を詠む。


母を訪う介護施設も六年目身体いよいよ小さくなりし
死産したわが姉追慕して母語りだすこと一再ならずと
原爆投下直後の入市被曝ゆえの死産を我うたがわず
わが姉は母胎内にて毒を吸い母と我とを救ひたまへり
わが母の認知症を発症後すでに七年の過ぎ去りし


母、大正12年生まれ、来年96歳となる。母は廣島市内中心部にあった会社に務めていた叔父を探すため8月8日に入市。当時、国鉄切符は配給制で有り、切符入手に手間取ったのである。西志和村は廣島市からほぼ真東、25km。母は6日朝実家の近くの畠で働いていた。西の山からモクモクと立ち上がる黒い(原爆)雲をみて驚き、母にそれを告げに家に駆けもどった、という。当時まだ独身。敗戦後、中国から復員した同村の父と結婚、姉は初産であった。産婆さんが「見んほうがええですよ」と言うちゃったんよ、と死産した姉を見るのを止められた、と母。当時の田舎では産婆さんを自宅に呼んで出産していた。私と、私と二歳違いの弟を認識しなくなってから久しい母であるのに、介護担当さんから「お母さんはたびたび娘さんのことを話してんですよ」と知らされとき、不意を突かれたおもいであった。母が元気なとき死産の状況を母が私に話したのは私から問うたのに答えた一回きりである。


 私(の母)のようなケース(入市被曝と死産)は当時多かった、と私と同年代の呉市に住む女性から伺ったことがある。

 福島近辺ではフクイチ事故の後、若い女性の流産死産が相当の数あり、なかには、医師から半強制的に堕胎(そうしなければ以後の出産は保証できないと)される場合もあったという。

  死産したとはいえ、数ヶ月は腹に宿して共生した娘である。姿を地上で見なかったとはいえ、いや、見なかったからこそ70年経ても(死産した)娘を懐かしむのであろうか。


+


 施設を訪れた日は家族との食事会。ボランティアの方々が音楽を演奏してくれた。私は母の隣の席に座り食事をした。母が突然歌を歌い始めた。小学校唱歌である。食事を終えたあと、隣に座っている私の左手を母の右手がそろりそろりと握りにきた。わたしは握り返した。


 原爆投下後の廣島の状況を母に尋ねたことが以前一度だけ、ある。「地獄じゃったよのぅ」という返事であった。地図を持ち出してどこを、何時間くらいあるいたのか、道どりをいつか尋ねようと思いながら機会を失ったままになった。

nice!(0) 

大洗海岸 [diary]

冬のうみくも溶け入りて一枚に

314257_2273183165_192large s.jpg




日輪ひくくとどめておがむ大洗

314257_2273190035_251large.jpg




nice!(1) 

占領は続くよいつまでも : 小学校唱歌(天皇家・官邸・防衛省・米占領軍・米大使館愛唱歌) [Tragedy]


3995 s.jpg


占領は続くよいつまでも

  野を越え山越え海越えて~

  遙かな町まで米軍の

楽しい旅のため悠久に

 (小学校唱歌) アメリカ民謡



+



Ckl11aiUYAIX8FY s.jpg


日米安保が対等であるのであれば、日本軍も米国本土防衛の任務に就き、首都ワシントン上空に日本軍空域を設定、首都郊外に軍隊を常駐させ、空母をSF港に常駐させるべきだろう。憲法九条規定の対象外、被占領国の憲法、あってなきがごとし。本件、日本のメディアはもとより、憲法学者も自主規制に怠りはない。



(昭和天皇がマッカーサー元帥に宛てた「米軍による長期沖縄占領継続を依頼するメッセージ」)



 ■ (参考) (通称)沖縄メッセージ

(昭和天皇のマッカーサー元帥に宛てた「米軍による沖縄占領状態を長期間継続させることを依頼するメッセージ」)


 1947年9月に、昭和天皇は米軍が沖縄や琉球列島のその他の島に米軍が占領状態を50年間より更にもっと長期間継続させることを希望する天皇の考えを示し、当時、天皇の御用掛であった寺崎英成が占領軍の政治顧問のシーボルトの事務所を訪れて考えを伝え、ワシントンのマッカーサー元帥にその内容を送ってもらうように依頼したものである。  その文章の記録が残されている。


 しかし、1946年11月には日本国憲法が公布され、既に象徴天皇が確定し、天皇は政治的な権力を行使できない立場になっていたのであるが、それにも拘わらず、政府を通さずに、個人の利益のために直接アメリカ側に政策要望を出していたことになる。


 ワシントンで公文章の公開となったものが沖縄県の公文書館にコピーとして保存されている。(注)  その内容は次のようなものである。

 筆者の意訳で概要説明する。
 1947年9月20付けのシーボルトからマッカーサー元帥宛の文章を、シーボルトがワシントンの国務長官宛に「将来の琉球列島に関する天皇の考え」と題して、1947年9月22日付けで至急の封書に同封して送っている。



 尚、この後に寺崎が10月3日にシーボルトに会った際に、シーボルトは、陸軍省の意見として、沖縄をアメリカが自由にするとし、国務省の意見は定まっていないことを伝えている内容が書かれている。 (「寺崎御用掛日記」(寺崎英成、マリコ・テラサキ・ミラー著)文藝春秋 )



(シーボルトがワシントンの国務長官に宛てた手紙の内容)
                                              1947年9月22日

    標題:将来の琉球列島に関する天皇の考え


  国務長官宛

  拝啓

   私は、1947年9月20日付けのマッカーサー元帥に宛てた私の説明のコピーを同封致しております。そのコピーの内容は、
  天皇のアドバイザーである寺崎が、彼の要望で私のオフィスを訪れてきて、彼と話した内容の要旨を記録したものです。
   その内容は、日本の天皇は、沖縄や琉球列島のその他の島々へのアメリカ合衆国による軍事的占領を継続することを
  希望しており、その要望は、疑うべくもなく、天皇自身にとって大いに利することになることに基づくものであるという
  ことがわかるのである。天皇は、また、これらの島々の米軍による占領の継続が、長期間の賃借契約の方式によること
  を思い描いている。天皇の意見によると、それによって、日本国民は、きっと、アメリカ合衆国には下心がないと納得
  するようになり、アメリカ合衆国が軍事の目的のために占領することを喜んで受け容れることになるであろう。という
  ことである。
  
(以下省略)
http://www.geocities.jp/warera_tikyujin/law_war/okinawa_message.html


                                                     敬具                                                 W.J.シーボルト

(シーボルトがワシントンの国務長官に宛てた手紙に同封したメモ内容)
                                              1947年9月20日




nice!(0) 

天皇家のものは天皇家に、公民のものは公民に [Tragedy]





一部を引用>  儀式の肥大化には異論も多い。
 神奈川大の中島三千男元学長(日本近現代思想史)は「現天皇は現憲法によって立っており本人もそれを言明している。国民主権のもとでの天皇であり、神権的天皇制が否定され政教分離憲法で規定された中での天皇だ。先例に従うべきだという声が多いが変えるべきところは変え、象徴天皇制にふさわしい儀式とすべきだ」と、「復古」のかけ声を疑問視する。
 放送大の原武史教授(日本政治思想史)は、新嘗祭が皇室の私的支出にあたる内廷費で賄われていることから、即位後初の新嘗祭に当たる大嘗祭も、公費で行うのはおかしいとみる。ただ「新嘗祭にも三権の長が出席するなどしており、純粋に私的行事と言えるか問題がある。大嘗祭だけでなく宮中祭祀全般をどうとらえるのか。きわめてあいまいな領域だ」と指摘する。
 その上で、日本会議の言う「復古」について「復古というがほとんどの宮中祭祀明治天皇以降に作られて、戦後になってもほとんど変わることなく温存されている。日本会議の言っている復古というのは、どういう趣旨なのか。戦前に戻せというなら大正、昭和天皇のように、旧皇室典範に基づき、即位の礼大嘗祭も京都で行うということになる」と話す。
 こうした「復古主張」に、前出の中島元学長は、国民主権政教分離といった原則に対する国民の考え方が平成への代替わりの時とは大きく変わっていることを不安視する。「当時は社会党衆院選で大勝した直後で、そうした原則を守らなければという世論があった。即位の礼で当時の海部俊樹首相が、臣下として庭からの万歳三唱を求められたのを断ったりするなど、自民党の首相でさえそういう考え方だった」
 しかし、現在は改憲に意欲を燃やす安倍晋三首相下で、国会は改憲勢力が3分の2を占める。「この状況下では大嘗祭即位の礼の一環として、国事行為として行うべきだという声が上がってきてもおかしくない。特に日本人は、お祝い事の際にもめるべきではないという雰囲気に流されがちなので危ないのではないか」

***

そも天皇の存在自体が政治的なものではなく、文化的なものであり、憲法に規定する必要などさらさらないのだ(茶道や華道と同じ。ゆえに、憲法一章「天皇」をすべて削除、あるいは完全無視)。憲法や皇室典範の規定に従え、というのであれば、疲れたから退位したい、という明仁の法律無視のワガママ要求など飲んではならないのである。(疲れたから退位、ではなく、ほんらい敗戦時に、昭和天皇のために命を落とした(兵士を含む)国民300万に詫びてなんの責任も取らなかった裕仁に代わって退位したい、というのであれば別、心中忖度してもよい、と考える)。法律以前の、人権に関する公序良俗問題として、天皇位を離脱したい、という申し出が天皇からあればだれも拒否できないのである(今回も疲れたのなら皇室を離脱すればよいのだ。「上皇」などという屋上屋根を重ねる身分を設けて、天皇に命令を下すシステムなど論外。下記インタビューでも論じていたが「上皇」の葬儀はどうするのか。現在、規定などない。皇室財源にて簡略に執り行ってもらいたい)。法定の皇位継続者の全員が天皇位を継ぎたくないのであれば、空位にすればよいのである。(しかし天皇家が途絶するのだから問題そのものが消滅する) 誰も困らない。一般家庭と同じことであり、家庭内問題にしか過ぎない。江戸以前とは違う。「お家断絶」で困るシステムがどうかしているのである。

日本民衆のものは日本民衆に、天皇家のものは天皇家にもどすべきである。民衆は、家族の冠婚葬祭を任意に執り行う。他家・他人がどうこういう筋合いの問題ではない。天皇家の冠婚葬祭も天皇家の費用で密やかにやればよいし、略すも自由。周囲がガタガタ言う必要はない。天皇家の金で行う家内行事に他人(政府)は干渉すべきではなく、天皇家や宮内庁からの、法律規定外の要求に従う必要もない(従ってはならない)。

天皇家の冠婚葬祭を行うからとて、国を祝日にするなど、もってのほかである。天皇は人間なのだよ、ご存じか。天皇に人権を与えたまえ。人権以外の特別な物は剥奪せよ。明治時代に規定された皇室典範も早晩廃止し、皇室は、完全民営化を遂げるべきである。私の葬儀に外国の友人/知人を招待するのは民間人たる私の勝手である。同様に、天皇家の葬儀に外国の知人友人を招待するのも天皇家の勝手であるが公民(日本の)を巻き添えにはしないでもらいたい(祝日にして公民の労働日を奪ってはならない)。退位即位にともなう元号(変更)も国民生活への迷惑行為である。なんの役にも立たない過去の遺物元号は即刻廃止してもらいたい(天皇一家で使用するのは勝手である。明治に定められた神道祭儀とみなせばよい)。

一時期に日本列島の特定地域を支配した族長を、その後、何千(何万?)年も特別扱いする理由などどこにもない。

過日聴いたTBSの討論番組は(約一時間)有用であったので紹介する。

【音声配信】「天皇陛下の退位は再来年4月30日に。改めて考える象徴天皇制の今後」原武史×河西秀哉×崎山敏也×荻上チキ https://www.tbsradio.jp/206090

 


nice!(0) 

永遠の忖度 [Tragedy]

index_thum630.jpg


2017年の新語に関して、官邸は以下の談話を発表した。


「 戦前の天皇制も、忖度システム。天皇が直接命令を発せずとも、軍人、政府、官僚、新聞社、出版社、放送協会の下っ端(ブログ筆者註: 記者クラブなど?)に至るまで空気を察して、あるいは、空気に悪のりして、天皇&軍&政府の意向を忖度して国民の権利を蹂躙しまくった。敗戦後、GHQは、憲法と天皇制を押しつけたが、日本人に巣くう忖度心情は数世代で代えることは不可能。戦後も政府高官、企業トップから官僚・企業の末端が行う意志決定に「忖度」は堂々と生き残っております。すなわち、ニッポンの官民組織における意志決定は永遠の忖度システム、忖度は日本人のDNAであります。さらに、現在、日本政府は宗主国=米国に対しても米政府(米軍)の意向を忖度してうかつに物を言わない。忖度は政府外交に至まで貫かれておるのであります。


つまり、忖度に始まり、忖度に終わり、忖度により日本は滅びるでありましょう。


したがって、かたいことをゆーならば、<忖度>は新語ではない、神話時代、上古まで遡ることができ、瑞穂の國に長きにわたりとどまりつづけた偉大な制度であります」


政府談話は続く。


「偉大な日本国を忖度のために滅ぼしてはならない、政府は、かように忖度し、天皇退位を機に、日本の津々浦々から忖度を一掃し、さらに、忖度の根源でありGHQに押しつけられた天皇制を完全民営化する。すなわち、自民党改憲案において、現行憲法第一章「天皇」はこれを全面的に削除し、あわせて、日本の独立を妨げている不平等条約=安保条約を廃棄し、自衛隊を米軍の指揮下から解放することとしたい」 


いやあ、見直したぞ、政府。


追記(政府談話):

  忖度まんぢう、については、関連省庁における慎重審議の結果、民間私企業の事案であることに鑑み、その存続を認めることとし、同社の繁栄を祈念したい。なお、米国大使館・米軍基地内売店でも当まんぢうの販売が許可されまんぢうには、「SLAVERY CAKE」のブランドが焼き付けられ た。


DB3aIzIUQAA7GCo.jpg

  MR. Sontaku 

nice!(0)