So-net無料ブログ作成

Soseki by John Nathan [Art]


51+EoKZ561L__SX331_BO1,204,203,200_.jpg

Soseki: Modern Japan's Greatest Novelist (Asia Perspectives: History, Society, and Culture)


最近『明暗』を英訳したばかりのJohn Nathanの漱石論が今月刊行される。日本の現代小説を数々英訳してきたNathanの到達点か。漱石は20世紀初頭、日本から離脱し孤立した世界大の思想家、小説家であったとおもう。ヘンリー&ウイリアム・ジェームズ兄弟を兼ねたような。加えて和漢にも通じた。多くの、自称弟子たちに囲まれたが親鸞と同じく弟子はおらず、孤立していた。早世した文人子規だけは漱石にとって特別の位置にあったようだ。孤立はライター(アーチスト)、デンカーの条件である。


Preface

Acknowledgments

1. Beginnings

2. School Days

3. Words

4. The Provinces

5. London

6. Home Again

7. I Am a Cat

8. Smaller Gems

9. The Thursday Salon

10. A Professional Novelist

11. Sanshiro

12. A Pair of Novels

13. Crisis at Shuzenji

14. A Death in the Family

15. Einsamkeit

16. Grass on the Wayside

17. The Final Year

Notes

Selected Bibliography

Index





漱石『明暗』を一気に読んだのは70年前後のことだ。まるで心理映画、推理映画のように迫力ある場面が展開しつづける読み物であった。Nathanの新訳も是非読んでみたい。これで我が人生、ジ・エンドである。

61VOWlY9-mL__SX347_BO1,204,203,200_.jpg


bookreview: light & dark


nice!(0) 

nice! 0