So-net無料ブログ作成
検索選択

ドヤ顔で予算増額防衛省 [Tragedy]

私が最も信頼しているコラムを書く長周新聞(狙撃兵)から、全文引用。強調は引用者。

被害妄想の背後に潜んだ意図

 ミサイル騒動の度に違和感を覚えるのは、着弾する可能性などないことをわかっているくせに、政府があまりにも国民を脅かしすぎることだ。詳細な情報が何もないなかで、テレビ各局がいっせいに緊急放送を開始し、東日本では朝っぱらから携帯電話のJアラートが鳴り響いて人人を安眠から叩き起こした。山口県でも極東最大の米軍基地が置かれている岩国では、「どこに逃げようか…」と本気で心配した住民が少なくなかった。そうして恐怖に陥れたもとで、テレビの向こうに安倍晋三が出てきて「国民の生命を守ります!」とキメていた。いったい何のショックドクトリンだろうかと思うような光景だ。標的にされないような外交努力が何もないのに、「狙われる!」といって脅威を煽ることだけは熱心で、そのくせ原発は再稼働させているという矛盾について、そろそろ真面目に考えなければならないと思う。すべてが胡散臭さにまみれているのである。

 

 懲りずにミサイル発射に夢中になっている北朝鮮も北朝鮮だが、まず第一に、どうして一緒になって日本政府までが張り切っているのか? という疑問がある。今回のミサイルは日本列島を狙ったものではないことは、その高度や落下点などからもはっきりしている。「完全に把握していた(安倍晋三)」のが事実であるなら、日本列島には落ちるわけがないと判断できない連中が号令をかけ、人騒がせをやったことになる。ミサイルが飛んでいったのは「日本上空」のはるか彼方、人工衛星や国際宇宙ステーションよりもさらに地上から離れた高度550㌔もの宇宙空間であった。さらに「襟裳岬沖」に着弾というのも典型的な印象操作で、襟裳岬から1180㌔も沖合の排他的経済水域(EEZ)外、すなわち公海に着弾したものについて、「襟裳岬沖」と表現することも「日本を狙った」と説明することも無理がある。「根室沖」の方が距離としても近いはずなのに、どうして「襟裳岬沖」だったのか等等、疑問はつきない。いずれにしても、北朝鮮はアメリカ大陸に飛ばす練習をしてアメリカを牽制しており、誰の目から見ても日本を狙ったミサイルではないのである。

 

 それをまるで自分たちが狙われているかのように主張し、アラートをかき鳴らして国民を脅かす政府の意図について、私たちは冷静に考えなければならないと思う。国民の生命を守るためにやるべきことは、空襲警報の地ならしや「地下に逃げましょう」ではなく、標的にならないための外交しかない。対話の窓口を設けるなり、「日本列島を挟んで、物騒な衝突はやめろ!」と双方に平和的解決を求めなければ話にならない。そのような振る舞いがないまま、もっけの幸いで“あたり屋”みたいな真似をすることについては即刻止めるべきである。

 

 世界各国から見て、指一本触れられていないのに、被害妄想を逞しくして国民を脅かしている日本政府の姿はどのように映っているのだろうか。不思議なのは、行動がもたらした結果や効果として、北のミサイル発射が安倍政府を喜ばせている風に見えて仕方ないことである。                        吉田充春

https://www.chosyu-journal.jp/column/4571

以上、長周新聞コラムから。

もうひとつ、私が最も尊敬するジャーナリスト本澤二郎さんのブログを引用。強調は引用者。全文記事はhttp://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52183939.html

(前略)

<平壌と東京に感動する米産軍複合体>
 日本国民のお人よしにもあきれるばかりである。野党第一党が、松下政経塾で民族主義教育を叩きこまれた連合右派と提携している前原体制になったことで、軍拡のながれは変わらない。
 国民生活が改善する見込みはない。来年の軍拡予算は、史上最高の5兆2000億円に跳ね上がる。高齢化のもとで、年金・医療・福祉をばっさりと削ることによって、さらなる軍拡路線を突っ走ることになる。福田康夫のいう「日本は破滅する」ほかないのかと思うと、やはり情けなくなる。

 ともあれ、米産軍複合体制は笑いが止まらない。武器弾薬ビジネスで、ニューヨークがわき返り、ドルの天下はしばらく続く。こうした効果は、いうまでもなく北朝鮮と日本両政府による醜いダンスのお蔭である。

 「明日発射するので準備を」とのささやきに、普段は公邸住まいの大嫌いな心臓も公邸に泊まって待ち構える。早朝の発射に即座に反応して、警戒警報・Jアラートが発令される。これに自治体を動員させる、市民に対して「建物に隠れろ」、路上の市民は「両手で頭を隠せ」と指示する。漫画の世界が、現実化している日本だ。
 こんな芸当など大馬鹿者でさえもしない。しかし、それを新聞テレビでガンガン流す。号外を出した新聞もあったという。列島全体が狂気の渦に、無理やり巻き込んでしまう。
 もう戦前の天皇制国家主義の時代ではない。21世紀である。それでも、電波と活字を使って、戦前へと追いやる。そうして800億の迎撃ミサイル購入となった。アホのような事態が、現実になっている日本である。

(中略)


<言い値の800億円、総額2兆円超>
 いうまでもなく、日本は米軍需産業から言い値で買わされる。競争のない、これほど儲かる商売はない。強いて言うと、坊主丸儲けが一番だ。宗教ビジネスは元手がゼロだから、優秀な人間?は宗教家だろう。

 緊張は作れる。緊張さえ作れば、日本政府は二つ返事で買う。これが日米安保・日米同盟の正体である。米国が衰退するまで続くということになると、これは絶望的である。

 ワシントンに対して、自立外交を実践した田中ー大平体制は、戦後史を飾る成果を出したが、その見返りがロッキード事件だった。鳩山由紀夫―小沢一郎体制も、沖縄の米軍基地撤去で自立しようとしたが、CIA傘下のマスコミと官僚に押しつぶされてしまった。小沢が散々な目に遭ったことは、まだ記憶に新しい。
 今の反田中・反大平の清和会体制は、根っこからワシントンのポチを自認しているため、言い値の武器弾薬に、即座に反応する。安倍軍拡は、岸内閣と中曽根内閣を継承した、森内閣と小泉内閣の延長線上を走っている。
<当たらない米迎撃ミサイル>
 1基800億円を2基も備えるのだという。安倍も狂っているが、小野寺も河野も同じように頭が狂ってしまっている。それでも、日本国民も野党も沈黙している。総額2兆円を超えるしろものだ。しかも、当たらないミサイルで有名なのだ。
 いわば子供の玩具と思えばいい。これまでも、繰り返し日本の経済水域に、ミサイルは落下してきている。ところが、最新鋭だと宣伝するイージス艦は何もしない、撃ち落とせないのだ。失敗したら、それこそ米軍事ビジネスは崩壊しかねないのだから。

 筆者への情報だと、800億のミサイルも、もう旧式のものである。性能のいいものを米軍が採用することも、専門家はわかっている。このために、多くの日本国民の命が削られ、失われることになる。殺し合いの兵器産業のために、人々は不安を強いられ、命を奪われていく。

 士農工商のもとで、もっとも卑しい商人(財閥)が権力を握ることの恐怖である。それが地球規模で起きている今である。
<商社は?謝礼は裏金>
 塀の上を歩いている新聞人は、800億のビジネスの周辺での悪臭を、既に感じ取っている。
 ロッキード・マーチン社の仲介商社はどこか。「児玉誉士夫や中曽根のような人物は誰か、に関心が移っている」との指摘も聞こえている。「謝礼は裏金だから証拠は残らない」との声も。軍用利権は半端な金額ではない。

 「もちろん、前原・民進党が追及することはない」というのが、大方の声である。「民進党が支える安倍・死に体政権」とこき下ろす向きもある。

 国民に警鐘乱打する新聞テレビがない日本が、何としても悔しい。
2017年9月2日記



そこで表題の川柳、 ドヤ顔で予算増額防衛省。これは朝日新聞への読者投稿川柳である。


加えて、官邸は発射を事前に知っていたのか 怪しい北朝鮮政治利用 知っていたなら、政権が吹っ飛ぶ(日刊ゲンダイ)という情報がある。記者クラブで東京新聞記者が管官房長官を追求したが管は慌てて回答できなかった。真実であれば世界が驚くスキャンダルである。モリ、カケ、どころではない、泉下の田中角栄も仰天、桁違いのキックバックである。http://www.asyura2.com/17/senkyo231/msg/584.html

5935.jpg


生活保護家庭は増大の一方、保育園も不足のママ放置、老人の孤独死、餓死もとくに地方では増大しているというのに

まったく無意味な軍事費増額、とうとう五兆円を超える要求を防衛省は挙げてきた。対岸(両岸)の某国に国家支配の構造が似てきた。


今朝の新聞を読むと、国営放送も9時から日曜討論「日本上空を通過 北朝鮮ミサイル」 河野外相が危機をあおり立てるらしい。馬鹿政府、馬鹿メディア、馬鹿国民、三位一体の極東国。 シヤワセだね。



金正恩(晋三安倍)負けるなロッキード(三菱、東芝、商社、防衛族・マエハラその他)これにあり

nice!(0) 

nice! 0