So-net無料ブログ作成
検索選択

SMAP問題 [diary]

東京新聞=こちら特報部、がsmap問題を取り上げている。
 SMAP問題、労働問題として考える
いわく「古い体質変わらず 独立強行すれば『みそぎ』
    断れば干され・・・」

...

独立? 本人の勝手だろ? と普通人はおもうが、そうではないらしい。
そも、独立は契約書にどう規定されているのか?が、問題。違法契約なら弁護士に相談してたたきつぶせばよい。
長谷川・芸能レポーターが、「(独立を強行すれば)みそぎとして退所時の移籍金、加えて退所後も一定期間、マネジメント料を払い続けるのが芸能界のしきたり」と解説している。

このような慣行は文書か(契約)として残っているはずである。違法行為はないのか、当局は徹底調査すべし。

テレビ雑誌がジャニーズともめるのを嫌がって起用を敬遠する。マネージャーがタレントを連れて独立するのはある種タブーで、ジャニーズが怒るのも無理はない」と(長谷川が)指摘する。

こういうコメントを読むと、芸能レポーター(長谷川)もジャニーズ(芸能界のゴロツキ)の傘下にあるのか、とおもいたくなる。

元「噂の真相」編集長の岡留安則も「大手で力があるジャニーズの意向を忖度するのは芸能界の暗黙の了解。もし、マネジャーについて四人が事務所を辞めていたら、テレビ業界は包囲網を敷き、徹底的に干しただろう」という。(岡留自身は、このような慣行をどうおもっているの?)

竹信三恵子(労働社会学)「そもそも辞めるからといって人前で謝る必要もなく、パワハラっぽい」
「一般の雇用においても雇用主の言いなりにならなければならないのだという悪い影響をあたえかねない」

ワシの考えるに、辞めるときには人前で謝らせるよ、パワハラやるぞお~~と、契約書に書いてあるなら別の問題だが(こんな契約書は違法ゆえ無効)、弁護士や竹信らの発言をまつまでもなく、人間が何をやろうと勝手だろ。入社するも退社するも、なんのシバリはない。シバリがあるなら入社前の契約書に規定されていなければならない。もちろん、法律の規定範囲でのシバリ、でなければならない。

こういう建前は、やくざ社会には通用しないらしい。

戦い終わって日が暮れて。 残された教訓はなんなの?

東京新聞に言っておく。
古い芸能界の構造は、古~い記者クラブ(起源は日露戦争の取材を政府が規制したのが始まり)にもそのままあてはまるんでねえのか? 独立した記者を、記者クラブ(官邸率いるやくざ集団)はどう、取り扱っているか?

でかいツラして、人ごとのようなコメントしているバヤイじゃなかろ?

何も知らぬ赤ん坊のようなSMAPもそろそろ大人になった方がええよ。ファンもね。

ワシの娘に、SMAP騒動しっとるか?そなも知らん。
 それでよし。

*追記
東京新聞によれば米国ではアーチストはすべてユニオンに入っている。米国で同じような事態になれば、「パワハラとみなされ、労働関連法的にアウト」(プロデューサー、デーブスペクター)

こういう芸能問題をひとごとでなく、弁護士や研究者がキチンと正義にのっとって対応するような社会であれば、現代奴隷制度=派遣法、などが跋扈する余地はないのである。むろん、記者クラブを放置しているような新聞ガミ会社どもにそんなことは期待できない。
 


nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。